【4歳のバイオリン】集中力を保つかかわり方

4歳、5歳、6歳の小さなお子さんの親御様、習い事を始めるにあたって次のようなご心配はありませんか?

  • 子供の集中力が途切れないか心配。
  • ふざけてしまわないだろうか。
  • 習い事の時間、きちんと過ごせるか不安。
講師

初めての習い事、心配なお気持ちよく分かります。

レッスンでの成功体験を通して集中力を育みます。

レッスンでは次のようなことを心がけています。

  • お子さんの集中力に考慮した取り組み
  • お子さん主体のレッスン
  • いきなり難しいことをさせない

以上を詳しく掘り下げていきます。

(1)お子さんの集中力を考慮した取り組み

心と体が未熟な子供は集中力が持続し辛く、集中力は「年齢+1分」と言われています。

4歳なら5分、5歳なら6分程度が集中力の目安です。

幼児向けのテレビ番組は短いものが多いですが、子供の集中力を考慮して制作されています。

お子さんの習い事も、集中力が持続するように指導の引き出しを多く持つことが充実したレッスンに繋がると考えます。

4歳さんのレッスンの流れの例

  • バイオリンを持つ練習
  • ラの音を鳴らす
  • 先生と一緒にリズムをまねっこ
  • 丸を書く練習
  • お歌を歌う

レッスンでの一つの活動は4~5分という短い時間です。

色々な活動をすることで飽きずに無理なく集中することができます。

6歳ぐらいになると徐々に一つのことに集中できる時間が増えますのでバイオリンのお稽古の比重も増えていきます。

(2)お子さん主体のレッスンであること

小さいお子さんは「集中しようね。」と働きかけるだけでは、なかなか集中をしてくれません。

集中してもらうために、子供の興味を引き目線に合わせた指導が必要です。

  • リズムに興味がある
  • 数に興味がある
  • 音符の形に興味ある
  • バイオリンの音をママに聞いてもらいたい

興味のないことを無理にさせるよりも、好きなことや興味を持っていることをさせた方が集中して取り組めます。

興味のあることを伸ばしているうちに、他のことにも取り組みたい気持ちが芽生えてきます。

お子さんのやりたい気持ちを汲み取った気長な指導が大切です。


(3)いきなり難しいことをさせない

「難しいこと」「できないこと」に拒否反応を起こすお子さんは多いです。

新しい取り組みは、できるだけ簡単にできるように小さなステップを設けて達成感を積めるようにしています。

できる瞬間は楽しいですし、集中力を発揮してくれます。

たとえば新しい曲をするときはいきなりバイオリンを持って弾きません。

まずはお歌を歌ったり、リズム叩きなどで体に音楽を染み込ませます。

「お歌を元気に歌えたね!」

「リズムもできたね!」

「じゃあバイオリンで弾いてみようか!」

小さなステップを積み重ねるから達成感を感じられて、集中力を発揮できます。

【結論】お子さんの集中力を引き出し、成長に寄り添うレッスンを。

小さなお子さんは心や体の発達が未熟なため、最初のうちは一つのことを長時間集中することは難しいかもしれません。

しかしレッスンの中で「できたよ、楽しいね!」という経験を積んでいくうちに自信になり、集中して物事に取り組めるようになります。

集中力はこの先もずっと必要になる力です。

お子さんに寄り添い、親御さんと一緒により良いレッスンを作っていければと思っています。

レッスンがお子さんの成長を喜べる幸せな時間になりますように。

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

レッスンの空き情報、
体験レッスンをご希望される方

公式LINEにご登録ください♪

↓↓友だち追加をクリック↓↓

24時間受け付けています。