【大人から始めるバイオリン】上達できる?無理?

大人になってからバイオリンを習う方が非常に増えています。

これからバイオリンを習いたい方はこのような疑問はありませんか?

  • 未経験の大人のバイオリン、上達する?無理?
  • 大人から始めるメリットはある?
  • バイオリンの楽しさは? など。
さや先生

今回は大人のバイオリンレッスンについてご紹介します。

大人になってから始めるバイオリン、上達しますか?

大人の生徒さんの演奏

大人から始められた生徒さんを何人も見てきましたが、どなたも1年目より2年目、2年目より3年目と上達されています。

大人だからこその強みがあり、強みを分かって練習するとグンと上達します。

また、大人の弱点を上手にカバーしてアプローチしていくことが大切です。

大人からバイオリンを始める4つの強み

大人には子供とは違った強みがあります。

  • 経験や感情の深さが演奏に生きる。
  • 工夫する力があるから論理的に効率よく学べる。
  • 努力を継続できる
  • 自分の意志で始めるから練習が楽しい

大人には人生経験、論理的思考、先を見通して頑張る力など子供とは違った長所があります。

また、自分の意志でバイオリンを始めた大人は「日々の練習が楽しい」と感じるはずです。

今の状況しか見れない子供と違って、未来を想像して見通せることが大人の強みです。

弾けるまでの過程も丸ごと楽しめることが、子供のお稽古とは大きく違う点です。

大人のバイオリン【不利なこと】

大人から始めて不利なことは次の3点でしょうか。

  • 忙しく練習時間が取り辛い。
  • 身体が固い。
  • 大人からは難しいという先入観がある
さや先生

子供とは違ったアプローチでカバーすることができます!

時間が取りづらい→論理的に練習する

大人はお仕事や家事、ご家族のケアなどで時間が取りづらいものです。

短い練習時間で上達するには大人の長所である論理的思考が有利になります。

何となく時間が過ぎてしまう長時間練習よりも、論理的に考える短時間練習の方が効率よく習得できます。

論理的に練習できる大人は練習の質を上げやすいことが良い所です。

身体が固い→体の使い方を工夫する

身体が固い点は体(呼吸や関節など)の上手な使い方でカバーできます。

例えば左手が開かない時は肘を使って指を伸ばすと手の負担がグッと減ります。

また、力が入る時は呼吸を楽にできていないことが多いので息を吐くことを意識します。

感覚で弾く子供と違い、大人は体の動かし方を意識することがポイントです。

大人は難しいという先入観がある

大人の方

バイオリンは子供から習わないと無理でしょ。

と思う方がいらっしゃるかもしれません。

確かに子供の方が体が柔らかいため、より繊細な筋肉の動きを習得できます。

しかし子供だから無条件で上達するわけではありません。

日々の練習を続け、保護者の方励ましがあるから上達するのです。

大人の方は年齢で区切らず、大人ならではの長所に目を向けて弾ける喜びを増やしたいですね。

子どもとは違った切り口で音楽の世界を広げていきましょう♪


バイオリンが楽しい理由

バイオリン、大人でもできそうかも?

どんな魅力があるか知りたいな。

さや先生

書ききれないので、今回は3つの魅力をご紹介しますね。

一人でも、大勢でも楽しめる

バイオリンはソロ、アンサンブルなど様々な形態で楽しめます。

一人で楽しみたい方はお家でバイオリンの音色を楽しむことができます。

弾きたい曲が弾けるようになった喜びは何ものにも代えがたいことです。

CDの音源に合わせて弾くことも楽しいですね!

人と合わせて楽しみたい方はアンサンブルやオーケストラなどの楽しみがあります。

音楽を通して人との繋がりも広がっていきます。

長い歴史があるから、名曲も多い

バイオリンは16世紀の半ばに誕生したといわれています。

ずっと愛されてきた楽器なので名曲が数多く存在します。

数多くのクラシック曲はもちろんのこと、ポップスやアイリッシュ音楽、ジャズなど幅広いジャンルで愛されています。

長い歴史の中で愛され続け、今も名曲が生まれています。

上達が実感しやすい

バイオリンには音程を取る難しさ、美しい音色を出す難しさがあります。

しかしだからこそ小さな変化を感じやすく、上達を実感しやすいのではないかと思います。

腕の少しの角度を気を付けるだけでも驚くほど音が変わります。

上達を感じられて、音色の変化を味わえる楽器です。

大人の生徒さんがバイオリンを始めたきっかけ

教室に通ってくださっている生徒さんはこのような方がいらっしゃいます。

  • バイオリンが憧れだった
  • バイオリンやオーケストラのコンサートを聴きに行って、習いたいと思った
  • 何か趣味が欲しい
  • アンサンブルを楽しめる楽器がやりたい
  • 弾いてみたい曲がある
  • 過去にバイオリンをやっていたが、もう一度習いたい

皆さん様々な思いを持ってレッスンに来てくださっています。

一番印象に残っているのは「結婚を控えた娘さんのためにバイオリンを演奏したい」という方です。

結婚式での演奏は大成功で娘さんも嬉しくて涙されたそうです。

大人の生徒さんの割合

大人の生徒さんの割合は6割です。

最近はお子さんだけでなく、大人の生徒さんにも多数お越しいただいています。

5年以上と長く続けていらっしゃる生徒さんが多く、バイオリンを趣味として楽しまれています。

バイオリンはじっくり取り組むことが好きな大人が熱中できる楽器ではないかと思います。

どんな人がバイオリンを習っている?

大人の方は様々な立場の方がいらっしゃいます。

  • お仕事をされている方
  • 子育て中の方
  • 定年後の趣味に、と始められた方

お子さんが学校に行っておられる日中、家事を終えた午後、お仕事帰り、などそれぞれのライフスタイルに合わせてお越しいただいています。

皆さんに共通して言えることは日々忙しく過ごされていること。

時間の制約があり忙しい大人だからこそ、メリハリのある練習ができるので上達するのではないかと思います。

どの生徒さんも熱心に、楽しく頑張ってくださっています。

バイオリン経験、音楽経験の有無

音楽経験の有無は様々です。

  • 音楽経験の全くない方
  • 他の楽器(ピアノなど)のご経験のある方
  • 過去にバイオリンをされていて再開された方

個人レッスンなので、生徒さんそれぞれの背景や目標に合わせたきめ細かいレッスンができることが当教室の特徴です。

楽譜が読めなくても丁寧にレッスンをしますのでご安心ください。

生徒さんの思いを実現するバイオリンレッスン

一人一人様々な「思い」や「希望」を持ってレッスンを受けておられます。

  • 将来こんな曲が弾きたい。
  • のんびりとレッスンを受けながら弾きたい曲を見つけていきたい。
  • 先生にグイグイ引っ張って欲しい。
  • 上手になりたい。
  • 色々な楽器とアンサンブルがしたい。 など。

レッスンでお会いする度に生徒さんの長所や、好みなどの細かい個性が見えてきます。

生徒さんの好みに合わせて教本の提案をしたり、レッスンの方向性が合うようにお話させていただいています。

レッスンのご希望などあれば遠慮なくお聞かせくださいね。

お家で練習できなくても大丈夫?

このように仰る方がいます。

大人の方

先生、すみません。

忙しくて練習できませんでした。

大人の方

練習せずにレッスンに行くなんて先生に失礼ですよね。

さや先生

講師に申し訳ないと決してお思いにならないでくださいね。

真面目な大人の生徒さんは「練習しないと先生に失礼」と思われるようです。

練習できない時はポイントを押さえてお教えしますので、お気になさらないでくださいね。

一人ひとりに合ったレッスンの方法を模索していきましょう!

大人だからこそ楽しめるバイオリンレッスン

お通いいただいている生徒さんに年齢も状況も全く同じ方はいらっしゃいません。

しかし、皆さんに共通することは

大人の生徒さん

バイオリンって楽しい!

と言ってくださること。

体の動かし方など、ほんの少しの工夫で音色が変わることがバイオリンの面白いところです。

そして何か一つでも曲が弾けるようになると本当に嬉しいですよね。

忙しい日常にバイオリンがあることは心の潤いになります。

大人の生徒さんは心豊かな方ばかりで私自身多くのことを学ばせていただいています。

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室

▼教室Instagram始めました!