子供のバイオリンレッスン

子どもの発表会、無事に終演しました。②

前回の記事「子どもの発表会、無事に終演しました」の続きです。 ソロの演奏に加えて、アンサンブル(合奏)にもチャレンジしました。 ソロと違って少しリラックスした表情の生徒さんです。 小学3年生から中学2年生の生徒さん6人が白雪姫より「ハイホー」を演奏しました。 二つのパートに分かれて演奏しています。 お互いの音をしっかり聴き、仲間と協力して弾けました。 「ハイホーを弾いたのが楽しかった」と嬉しそうな生徒さんです。 中学生の生徒さんはパッヘルベルのカノンを演奏しました。 優しく歌うように、息を合わせて演奏しました。 左側の生徒さんは小学4年生からバイオリンを始められました。 右側の生徒さんは小学3年生からうちの教室に通って下さっています。 小さかったお二人がカノンを弾けるようになり、コツコツ続けることの尊さを感じます。 アンサンブルの経験が将来に繋がるように バイオリンは一人で弾くだけではなく アンサンブルや、将来はオーケストラでも楽しむことができる楽器です。 そしてバイオリンを通して仲間もできます。 仲間とアンサンブルをした、という経験が「生涯音楽を楽しむ力」に繋がれば良いなと思います。 最後に 生徒の皆さん、保護者の皆様。 発表会に向けて一緒に頑張ってくださり、ありがとうございました。 日々の練習では上手くいくことばかりではなく、失敗したり悔しかったこともあると思います。 発表会で立派に演奏できたのは生徒さんの日々の頑張り、保護者の皆様のサポートのお陰です。 発表会が終わった後の、お子さんのやり切った表情。 保護者の方の嬉しそうな表情が印象的でした。 気持ちを新たに、来年の発表会に向けて一緒に頑張っていきましょう。

子どもの発表会、無事に終演しました。

2021年やすいバイオリン教室発表会、無事に終演しました。 生徒さん、保護者の皆様、伴奏をしてくださったピアノの可奈美先生、関係者の皆様。 本当にありがとうございました。 昨年3月の発表会はコロナの影響で中止になったため、1年4カ月ぶりのリアル発表会でした。 小学3年生から中学2年生の生徒さんが7名が出演されました。 緊張感もありつつ、和やかで良い会になりました。 ソロの演奏 緊張しながらも、堂々と演奏できました。 皆さん、日々の練習の成果を存分に発揮できました。 発表会に向けてコツコツと練習を頑張りましたね。 こちらのお二人は姉妹でアンサンブルをされました。 妹さんは「おねえちゃんと息があうように」たくさん練習されました。 お姉さんは、妹さんの演奏に優しく寄り添いました。 動画にて演奏をお聞きいただけます。 ステージマナーも学びました お辞儀などのステージマナーもしっかりできました。 演奏後は心を込めてお辞儀ができました。 仲間の演奏もしっかりと聴けました。 演奏する人、聴く人。 どちらからも真剣で、温かい雰囲気が伝わってきました。 保護者様から嬉しいご感想をいただきました。 朝から緊張していましたが、思った以上に緊張を楽しんでいる様子でした。 本番に向けての練習、リハーサル、近づいてくる本番。 色々な体験ができました。 アンサンブルも仲間との演奏を楽しんだ様子で嬉しく感じました。 他の生徒さんの演奏を聴くことも良い経験になったと思います。 日頃以上に集中して練習ができ、テクニック等上手くなったと思います。 みなさん頑張っておられ、リハーサルの時より上手でした。 とても素敵な会でした。 皆さん、バイオリンが好きなんだなと感じました。 楽しいひと時をありがとうございました。 皆さんの演奏もまた聴きたいです。 発表会に向けて練習を頑張ったこと。 ステージで一人で立派に演奏したこと。 これらの経験は生徒さんの自信に繋がったと思います。 皆さん本当に頑張りました。

【バイオリン発表会】余裕のある練習計画 選曲~本番まで

バイオリン発表会 曲決め~本番まで 発表会までのおすすめの練習スケジュールをご紹介します。 このような方にお勧めの記事です。 導入テキストが終わって、鈴木1巻終わり~2巻以降の子供の生徒さん。 ※導入期の生徒さんは曲自体が短いため、短めのスケジュールがお勧めです。 4カ月前【曲の提案、相談、決定】 曲を決めます。 曲を決めるポイントは次の通りです。 生徒さんが弾きたい曲であるか。(最重要) 難しすぎず、簡単すぎず生徒さんのレベルに合った曲か。 発表会で映える、聴いている人も楽しめる曲か。 生徒さん側は日頃からどんな雰囲気の曲が好きか、次はどんな曲をやってみたいか意識しておくことがお勧めです。 弾きたい曲が具体的に浮かばない場合 好きな曲の雰囲気、イメージを教えてください。 曲の雰囲気(綺麗な感じ、明るい感じ、暗い感じ) テンポ(ゆったりめ、軽快な感じ) 生徒さんのレベルに合いそうな曲を何曲か提案します。 3か月前【譜読みを始める~譜読み完了】 曲が決まり、一か月かけて譜読みを始めます。 譜読みの作業で仕上げたいことはこのようなことです。 音の読み間違えをしないこと つっかえずに、最後まで弾ききれること。 つっかえずに弾けることで生徒さん自身に余裕が生まれて、次の段階への進みやすくなります。 2カ月前【曲の表現を深める】 譜読みができて弾くことに余裕が生まれてきたら、曲の表現を深めていきます。 どんな雰囲気で弾きたいか、どんなイメージを持っているかで表現の工夫をしていきます。 このようなことで曲に色付けをしていきます。 音の強弱をつけて音楽を立体的にする。 フレーズを意識して、曲の物語が伝わるようにする。 音色を工夫する。(優しい、激しい、悲しいなど。) 曲に色付けをしていくことで、どんな風に弾きたいか、どんな表現がしたいか聞き手に伝わりやすくなります。 1カ月前【曲を暗譜する】 暗譜をしていきます。 このようなことに気を付けると良いでしょう。 リピート記号の確認。(どこで繰り返すか) ピアノ伴奏のメロディーも含めて暗譜する。 ピアノへの合図(呼吸)をより分かりやすく意識して覚える。 ピアノと合わせると思いもよらないところで崩れる、ということがあるのでピアノのメロディーも意識して覚えることがお勧めです。 2~3週間前【お辞儀の練習・ドレスを着て練習】 本番に近づいてきました。 本番に近い状態でこのような練習をします。 お辞儀の練習 登場の練習(アナウンス~お辞儀まで) お家でドレス(靴を含む)を着て練習 発表会が初めてというお子さんは登場やお辞儀など念入りに練習しましょう。 ドレスで注意したいこと お子さんは衣装の着心地、弾きやすさも大切なのでチェックしておくことがおすすめです。 ドレスではこのようなトラブルが考えられます。 生地やタグがチクチクして痒い、集中できない バイオリンを構えた時に、腕が窮屈で弾きにくい 歩いている時に靴が脱げる、または小さい。 1週間前【ピアノ合わせ】 本番で一緒に弾いてくださるピアニストと合わせの練習をします。 曲のテンポで揺らしたいところをピアニストに伝える 始まりのタイミング、終わりのタイミングを分かりやすく伝える […]

【発表会】アンサンブル曲はどうやって決めているの?

発表会ではソロ演奏の他に、アンサンブル発表も行っています。 今回は発表会のアンサンブルの曲を決める6つのポイントをご紹介します。 ①生徒さん自身が弾いていて楽しめる曲 一番に「生徒さん自身が楽しめるか」を曲選び基準にしています。 「カノン」や「G線上のアリア」などのバイオリンの曲が人気が高いです。 ②ハーモニーが楽しめるアレンジであること バイオリンのハーモニーを感じられる曲を選んでいます。 日頃のマンツーマンレッスンでは感じられない「響き・音の重なり」を味わっていただければと思います。 ③短期間で仕上げられるもの 発表会ではソロの曲も演奏します。 そのためアンサンブルの練習が負担になりすぎないように、そして楽しめる余裕が生まれるように曲を決めています。 ④バイオリンらしさが感じられる曲 弦楽器が原曲の曲やクラシックの曲を選ぶことが多いです。 小さいお子さんはディズニーの曲やきらきら星などよく耳にする曲を選びます。 ⑤季節感 曲を選ぶ上で季節感も大切にしています。 季節の雰囲気に合っているか考えます。 (どの季節に演奏してもその時々で映える曲もあります。) ⑥聴いてくださる方も喜んでいただける曲 バイオリンに馴染みのない方でも「バイオリンの合奏ってこんなに素敵なんだ!」と思っていただけるものを選んでいます。 演奏する生徒さんも楽しさを味わえて、聴いてくださる方も喜んでいただける曲が理想です。 アンサンブル曲を選ぶのは悩ましいですが楽しいです 以上の6つの項目に基づいてアンサンブル曲を決めています。 あれこれ考え悩みながら決めていますが、そのような時間も楽しんでいます。 生徒さんからのリクエストも受け付けております♪ 生徒さんも、聞いてくださる方も楽しめる発表会を目指して 「良い一日だったな、バイオリンっていい楽器だな。音楽っていいな。」 生徒さんも保護者の方も、聴きに来てくださる方もこのように思ってくださる発表会を目指しています。 発表会を通して生徒さんが目指す「楽しい」に近づくように、私も精いっぱいサポートをさせていただきます! 発表会に向けて一緒に頑張りましょう。

子どもの発表会開催のお知らせ

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 今年も子どもの発表会を開催します。 昨年はコロナの影響で開催できませんでしたが、今年はお子さんの成長を目の前で感じていただきたいです♪ 発表会の日時、場所 日時:2021年7月某日 場所:甲賀市水口町 ※ご家族様、関係者のみの会とさせていただきます。 発表会に参加して得られる経験 目標に向かって頑張る経験ができる 本番での演奏を通して達成感を得られる お友達の演奏を聴いて「自分も頑張ろう!」とモチベーションアップに繋がる 発表会に参加すると、どの生徒さんも発表会前よりも上達のスピードが上がります。 目標に向かって頑張る経験や本番での演奏を通して、心が一回りも二回りも成長されます。 「緊張したけど、楽しかった!」 「みんなに聞いてもらえて嬉しかった!」 「次も頑張りたい!」 発表会が終わった後はお子さんから前向きなご感想をいただきます。 大きな目標に向かって頑張ることによって、その後のレッスンの取り組み方も積極的になります。 人前で演奏することによって自信が付き、向上心に繋がっているようでとても嬉しいです。 生徒さん、保護者の皆様の心に残る一日に 発表会は演奏される生徒さんが主役。 小さな発表会だからこそ一人ひとりの輝く個性をお伝えすることができます。 講師、生徒さん、保護者の皆様と共に日頃のレッスンを頑張っていきましょう!

【子供のバイオリン練習】習慣化がおすすめ

音楽のお稽古は日々の積み重ねと、お家の練習がかかせないもの。 練習に関してこのようなお悩みはありませんか? お家の練習の習慣化にはコツがあります。 目次 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 生活リズムに取り入れる 練習しやすい環境を作る 声がけはポジティブに 練習を嫌がる時は関わり方を変える ご参考になれば幸いです。 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 小さいお子さんは上達させることよりも、まず毎日の練習習慣をつけることがおすすめです。 最初のうちは練習時間は5分もあれば十分です。 長時間の練習を週に数回よりも、少しの時間でも良いので毎日練習することが大切です。 練習習慣が身に付くと自分から練習してくれるようになり、将来保護者の方の負担がグッと減ります。 バイオリンの練習を生活リズムに取り入れる 時計が読めない小さいお子さんでも理解できるように、日々の習慣とバイオリンの練習をセットにすると良いです。 例えばこのような感じです。 歯磨きの後に練習 ご飯の前に練習 おやつの前に練習 など これだと小さなお子さんにも理解しやすいですし、生活リズムの中に組み入れて習慣化しやすいです。 ママが管理するのではなく、お子さん自身が練習を意識できる仕組みがあれば楽です。 バイオリンの練習をしやすい環境を作る お子さんが「練習しよう」と思えた時にスッと練習できる環境が作られていることも練習に繋がるポイントです。 例えばこのような環境な作りがおすすめです。 楽器の用意がしてある 楽譜が開いている テレビやゲームの音が聞こえない静かな環境 など すぐに取り掛かれるような環境を整えておくと途中で心変わりしにくいです。 また気が散らないように静かな環境にしておくのも良いです。 声がけはポジティブに 「練習しなさい!」以外の言葉で練習を促していただくことがお勧めです。 例えばこのような感じです。 ママ、〇〇ちゃんのバイオリン聞きたいな 昨日練習頑張ったね、今日も練習しているところ見たいな~ 先生レッスンで褒めてくれてたね、あの部分聞かせてよ♪ ポジティブなお声がけしていただけると嬉しいです。 バイオリンの練習を嫌がる時は関わり方を変える 「練習嫌だ!」と言われること、きっとありますよね。 そんな時は無理に練習をさせないでできることをしましょう。 例えばこのようなことです。 お歌を歌う リズムをたたく 音符を書いたり、色塗りをしてみる 音符カードでママと音符読み競争 どれか一つでもいいですし、気分が乗ってきたらバイオリンの練習をしてもOKです! 続けるってすごいこと!バイオリンを弾けると親子で嬉しい! まずは短い時間でも良いので毎日バイオリンに触れて練習習慣を身につけましょう。 といっても少しの練習をさせるために声がけをしたり、テレビを消して練習しやすい環境を作ったり、機嫌を損ねたらグズグズに付き合って・・・。 きっと5分以上の時間がかかっているのだろうと想像しています。 日頃の練習にご協力くださるお家の方には本当に感謝しかありません。 続けることは、パワーが必要ですが大切に育てた芽はきっと大きな花になります。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のレッスン】お家での練習はメリットがいっぱい

音楽の習い事を始めようとする親御さんはこのようなご不安はありませんか? 子どもが音楽に興味を持っているから何か楽器をさせたいな。 でも、家で練習をさせないといけないのかな?できるかなぁ・・・。 答えは、お家での練習をお願いしています。 しかし、お家で練習できるか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お家での練習が必要な理由。 親御様の不安な気持ち 分かります。 レッスンではお家での練習を具体的に分かりやすくお伝えしています。 弾けると楽しくなる、それが練習のメリット! お家での様子、ご相談ください。 お家での練習が必要な理由 お子さんは新しいことをスポンジのように吸収していきますが、忘れてしまうのも早いです。 できたことを定着させるためにお家での練習をお願いしています。 レッスンでできたことをお家で定着させる 「レッスンで楽器を触れて楽しむ」こともレッスンの在り方の一つとしてありかもしれません。 しかしそれだとバイオリンはなかなか弾けるようになりません。 練習しないとこのような悪循環が起きます。 弾けない→つまらない→自信がなくなる→やりたくない このようなことを避けて、楽しく弾けるようになるために練習は必要と考えます。 でも、練習できるか不安・・・ とはいうものの、 音楽をやったことがない バイオリンを弾いたことがない という親御さんはどんな風に練習させたら良いか分からず不安ですよね。 レッスンでは練習の方法をお教えしています! 音楽未経験という保護者の方もご安心ください。 レッスンでは「ここやってきてくださいね」と丸投げにせずに、「こういう方法で、こういう順序でやってきてくださいね。」とかなり具体的にお伝えしています。 レッスン中の様子をスマートフォンで撮っていただくこともOKです! お子さん自身、実際のレッスンの動画を見て復習すると素直に受け入れられるようです。 宿題は1~2か所だけ レッスンでの課題は1~2箇所だけ。 お子さんと親御さんに負担が掛かりすぎないように、ポイントを絞ってアドバイスをしています。 練習することで得られる最大のメリット 練習のメリットは「バイオリンが好きになる」ことです。 練習する→弾ける→自信がつく→楽しい→もっと好きになる お家と教室のレッスンを連携させて良い循環にもっていきましょう。 どのようなことでもご相談ください♪ 当教室はバイオリン未経験の親御さんばかりです。 お子さんがバイオリンを弾けて楽しめるように、練習方法などもアドバイスさせていただきます。 楽しく弾ける!を目指していきましょう♪ 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【アンサンブルセミナー】楽しく、濃い時間になりました♪

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 12月20日クリスマスアンサンブルセミナーを行いました。 小学2年生から大人の方までご参加いただきありがとうございました。 本日は生徒さんのご感想、演奏動画をご紹介いたします。 演奏の紹介 今回は冬をテーマにした次の2曲を取り組みました。 ジングルベル ヴィヴァルディの四季より「冬」 ジングルベル 3つのパートに分けて演奏しました。 子どもの生徒さんの元気な音色に大人の生徒さんが優しく寄り添いました。 ヴィヴァルディ作曲  「四季」より冬 第2楽章 2つのパートに分けて演奏しました。 中学生の生徒さんが始まりの合図を呼吸でしてくださいました。 生徒さんのご感想 大人の生徒さん アンサンブルセミナーに参加する前はどのようなことをお思いでしたか? 目標をもって練習することは大事だと思っていたので、セミナーに向けて練習する日々はとても前向きになれて楽しかったです。 参加が決まってから当日も含め、他の生徒の方と初めて出会うのでとても緊張しました。 何が決め手となってアンサンブルセミナーに申し込まれましたか? みんなで演奏するというのが楽しそうだったからです。 実際に参加してみていかがでしたか? パートに分かれての練習や、隣の音を聴くなど勉強になるところが沢山あって、本当に参加して良かったと思います。 そしてみなさんで演奏出来て楽しかったです。 その場で聴いた感じと送ってくださった動画とを比較してまた勉強になるところもありました。 今後、アンサンブルで弾いてみたい曲はありますか?複数あればぜひ教えてください。 パッヘルベルのカノン 君をのせて きよしこの夜 セミナーのご感想、その他ご意見があればご記入ください。 自分からは少し背伸びした曲に挑戦できて楽しかったですし、みなさんで練習・演奏出来て勉強になるところや気づく事が沢山あって本当に参加して良かったです。 またあれば参加したいです。 子どもの生徒さんとお母さま アンサンブルセミナーに参加する前はどのようなことをお思いでしたか? 小2の子供が参加させていただきました。 個人レッスンなので、他の方との演奏により、刺激を受けてほしいと思ったからです。 娘には難しい曲だったので、参加して良いとお声がけいただいて直ぐ申し込みました。(母) 実際に参加してみていかがでしたか? 難しかった。もっと練習して参加すればよかったと思いました。 でも、楽しかった。(本人) 今後、アンサンブルで弾いてみたい曲はありますか?複数あればぜひ教えてください。 よろこびのうたや、カノンが弾きたいです🍀(本人) セミナーのご感想、その他ご意見があればご記入ください。 また、参加できる会があればいきたいです。次はもっと練習して参加したいです。(本人) 子どもの生徒さんのお母さま 参加してみていかがでしたか? 皆さんが初めて合わせたときより、先生からの指導が入ることで、曲がすごく良く仕上がるので、聴いていて良い経験をさせてあげる事が出来たと嬉しく思いました。 今後、アンサンブルで弾いてみたい曲はありますか?複数あればぜひ教えてください。 カノン  You Raise me UP セミナーのご感想、その他ご意見があればご記入ください。 […]