バイオリンで学べる事

3歳4歳のお子様【バイオリンを楽しみ、ぐんぐん成長!】

3・4歳のレッスンって何をするの? 当教室は3・4歳頃からレッスンをしております。 3・4歳になると体力・集中力がグンとついてきてバイオリンと楽しく向き合えるようになります。 3・4歳でもいきなりバイオリンの演奏できるの?とご心配の方にレッスン内容をご紹介します 音楽を楽しむ「土台」を育む リズム遊び ドレミカード お歌 など音楽を身体に染み込ませて、音楽が好きになるように土台を作るレッスンをしていきます 自分で表現することが嬉しかったり、初めて見る楽譜に興味深々です! お子さんの好きなこと、得意なこと、自信になることをバイオリンを通して見つけていきましょう。 少しずつバイオリンのレッスンをスタートします 慣れてきたら徐々に、 弓の持ち方 楽器の構え方 足の開き方 などバイオリンのレッスンをスタートしていきます お子さんの様子を見ながら徐々にできることを増やし、「できた!」を自信にしていきます。 何か一曲でも弾けたとき、お子さんも保護者もとても嬉しいものです😊 困難を乗り越える「心」を育てる 時折、お子さんができないことや難しく感じることもあると思います。 しかし失敗を受け入れ、そこから答えを模索していく経験はどんな困難にも柔軟に対応する本物の力になります。 成功だけでなく、失敗も成長の糧にできるよう関わらせていただいています。 社会性を身に着ける お子さんにとってレッスンは ご家族、幼稚園以外に外の世界を広げるチャンスでもあります! ご挨拶やお返事 お話を聞く など人と関わる上で基本になることもレッスンを通して学んでいきます 最初は恥ずかしそうにしていたお子さんもレッスンが楽しくなるにつれて 大きな声でお返事できるようになったり、 自分からご挨拶できるようになっていきます。 中には照れ屋なお子さんもいらっしゃいますが、そういう子はお話をしっかり聴けたり内面の成長が早い印象を受けます。 挨拶が苦手な場合は焦る必要はありません。 「教室についたらママと一緒にこんにちは!って言おうね。」と心の準備を促す。 小さな声でも挨拶ができたらその場で一緒に喜んであげる などお子さんのペースに合わせていきましょう! お子さんの良いところに目を向け、サポートしていけたらと思います。 まとめ【音楽を通してお子さんの成長を喜べる時間】 小さなお子さんのレッスン、イメージを持っていただけたでしょうか? 最初は音楽が大好きになる土台を作る「種まき期間」です。 教室に通うことをワクワクした時間にしていきます。 また音楽で日々の生活がより良くなることを目指しています ご家庭の中に自然に音楽が染み込み、 音楽を通してご家族でお子さんの成長を喜べる。 ご家族で音楽を楽しんでいただけたらと思います。 人生100年の時代、お子さんが手に取ったバイオリンが長い人生を豊かにする生涯の趣味になるかもしれません。 ご興味のある方、迷われている方は是非ご相談ください。 新学期が始まる前の今の時期、落ち着いてじっくり取り組めるのでおすすめです 滋賀県甲賀市の音楽教室 やすいバイオリン教室でした。 最後までお読みいただきありがとうございました😊

【バイオリンの発表会で学んだこと】仲間の良さを認め合う

滋賀県甲賀市のバイオリン教室です。 子どもの生徒さんの発表会では 「演奏する」の他に次のような狙いもありました。 ・仲間の演奏を聴くこと ・仲間の良いところを見つける、認めること   リハーサルの時から聴く姿勢を学んでもらいました。         仲間に認められるって嬉しい! リハーサルでは、 生徒さん一人ひとり感想を書いてもらいお渡ししました。        ルールは 良かった所を書くこと。 どの生徒さんも真剣な眼差しで仲間の演奏を聴けました。 リハーサル後、保護者の方から このような嬉しいご感想をいただきました。 仲間からの感想をもらったことでかなりモチベーションアップに繋がりました 仲間から認められるって嬉しいし、自分で気づかなかった良さを知れる機会になったと思います。 【余談】生徒さんの感想文を見て驚いたこと 余談ですが感想文を見て驚いたのは、良いところを具体的に書いてくれたところ。 仲間の演奏をよく聞き、どんなところが良かったか良く見れました。 具体的に伝えたことで、伝えられた方も嬉しかっただろうと思います。 自分を素直に表現し、人のことも素直に受け入れられる 発表会では子どもの生徒さんが仲間の演奏を真剣に聴いている様子が嬉しかったです。 会場は温かい雰囲気に包まれていました。 保護者の方から嬉しいご感想をいただきました。   素敵な発表会でした 皆さんバイオリンが好きなことが伝わってきました 良い発表会にできたのは、子供の生徒さんが仲間の演奏をしっかり聴けたからです。 仲間の演奏を認める姿勢が溢れていました。 仲間から向けられた暖かい眼差しは、 相手を受け入れ認める姿勢にも繋がります。 自分を素直に表現し、人のことも素直に受け入れられる。 バイオリンを通してそんなことを学んで欲しいなと思います。

【子供のやる気を引き出すために】レッスンで心がけている3つこと

レッスンで最も大切にしていることは、お子さん自身の「やる気」を引き出すこと。 今回はお子さんのやる気引き出すため心がけていることをご紹介します。 レッスンを楽しむために。教室の取り組み (1) 小さな成功体験を積み重ねて自信をつけさせること。 小さなステップを積み重ねて、成功体験を積み重ねていきます。 小さいお子さんほど難しいこと、できないことを嫌がります。 難しいことを時間をかけてやるよりも、1つの課題をできるだけ簡単に噛みくだくことを心がけています。 簡単なことをたくさんクリアすることで、無理なく難しいことを乗り越えられるようになります。 成功体験の積み重ねで「私にもできるんだ!」と自信とやる気を育てます。 (2) 失敗を怖がらず、チャレンジする気持ちを育てること。 まずはチャレンジしたことを「頑張ったね」と認める。 そして「できるようにするためにはどうしたらいいかな?」と試行錯誤することが大切です。 失敗をした時「なんでできないの?」と責めると 「失敗は怖い」「どうせ私なんかできないんだ」と諦め、やる気を失ってしまいます。 失敗した時のお子さんの気持ちを理解して、解決方法を一緒に探します。 失敗を怖がらず、のびのびとチャレンジする気持ちを育てます。 (3) 自ら考えて、問題を乗り越える力を育てること。 レッスンでは「自分で考えること」を大切にしています。 自分で問題を解決できたことはお子さんの自信になり、「難しいことも挑戦してみよう!」とやる気に繋がります。 できない時は、「どうしたらできるかな?一緒に考えようか。」とお子さんと一緒に考えます。 上手くできた時は「上手できたね、何か気を付けたことがある?」と上手くいった理由を考えます。 答えを教えた方が早いですが、お子さん自身が考えられるようにグッと我慢です。 上手くいかない時ほど試行錯誤のチャンスです。 「どうやったらいいかな?」と自ら考え、問題を乗り越えることの楽しさを経験します。 まとめ レッスンではお子さん自身のやる気を引き出す指導を心がけています。 小さな成功体験を積み重ねて自信をつけさせること。 失敗を怖がらず、チャレンジする気持ちを育てること。 自ら考えて、問題を乗り越える力を育てること。 これらのことはバイオリンだけでなく、学校生活や社会人になっても必要な力かもしれませんね。 バイオリンを通して、お子さんの内面の変化も実感していただけるレッスンです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

楽譜を読む力は音楽を楽しむ力に

一人で音符を読めるように 当教室では導入期から楽譜を読む練習に力をいれています。 楽器を習ったら自然に身に付くんじゃないの?と思われがちですが意識しないと身に付きません。 簡単な導入期に耳コピする癖がついてしまい全然楽譜が読めないまま先に進んでしまった、 なんていう話をよく聞きませんか? 楽譜が読める→ずっと音楽を楽しめる 楽譜を読む力は、音楽的自立にも繋がり生涯音楽を楽しめます。 小さいお子様でも楽譜が読めるように、簡単で分かりやすい指導をしています。 ①リズムと仲良くなろう リズムを声に出して、手を叩くことで楽しく素早く身に付きます。 ②色々な音符があるよ 導入期は音符にはどんな形があるか学びます。 上下が分かるようになったら、ドレミを歌って覚えます。 ③バイオリンの曲も歌ってみよう いきなり楽譜を前に弾くことは難しいので、まずは楽器を置いて歌う練習からです。 身体と頭でリズムとメロディーを理解し、歌えたら、必ず弾けます。 読譜力を付けるために、導入期のレッスンで楽譜を読む癖をつけることが大切です。 自分で楽譜を読む力があれば、将来楽譜を読んで自由に音楽を楽しむことができます。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。 関連ブログ記事 ソルフェージュでバイオリンが上達【歌うことの大切さ】

バイオリンが好き!子供のやる気を育てるレッスン。

小さなころから、好きなことや打ち込めることを持っているのは素敵なことですね。 レッスンではバイオリンが「好きなこと」になるように、 お子さんの好奇心・やる気 を育てるレッスンを心がけています。 今回は子供のレッスンで大切にしていることをご紹介します。 子供の集中力を考慮したレッスン 小さいお子さんは大人と違って集中力を長く保てません。 「集中しなさい!」と注意するよりも、 お子さんが集中できる・頑張れるレッスン を考えることを大切にしています。 レッスンではお子さんの短い集中力を最大限に発揮できるようにバイオリンだけでなく、お歌、リズム、ワークなど短い活動を取り組みます。 一つ一つの取り組みを集中して頑張れるので、 リズムができた 音符が読めた 自分で楽譜を読んでお歌が歌えた とたった30分のレッスンでたくさんの成功体験を積み重ね自信になります。 集中力がついてくるとバイオリンの時間も長く取り組めるようになります。 バイオリン以外のことも学べるレッスン レッスンではバイオリンだけでなく、楽譜やリズム、音感に繋がることを楽しく学びます。 お歌やリズム打ち、音符カード、お絵かきなどお子さんの興味を広げながら音楽の基礎を作ります。 自分で楽譜を読めると嬉しく自信になりますし、 もっと色々な曲を弾きたい! とやる気に繋がります。 いっぱい褒める、認める レッスンでは良いところを褒めて認めることを心がけています。 大人も認められると嬉しいし、次も工夫してやってみようと前向きな気持ちになると思います。 子供も同じで褒められると 次も工夫して頑張れるようになります。 お家でもレッスンで良かったこと、頑張ったことをいっぱい褒めていただけると嬉しいです。 バイオリンが好きな気持ちを育てる 好きなメロディーをバイオリンで奏で、それを周りの人が喜び、褒めてくれる。 そういったことを繰り返すことで、上達します。 「バイオリンって楽しい!」という前向きな気持ちが良い循環になります。