音楽を楽しむために

【声がけのコツ】子供がバイオリン練習しない時

保護者の皆様、お子さんの練習を促す時どのように声がけをされていますか? 練習の時間だよ~と言ってすんなりしてくれたら良いのですが、なかなかそうはいかないもの・・・。 今回はお子さんが練習に取り組んでくれるコツをご紹介します。 保護者はお子さんのファンになる! 私のおすすめはお子さんのファンになったつもりで声をかけること。 例えばこのような感じです。 「~ちゃんのバイオリン聴きたいな。」 「先生褒めてくれていたね、聴かせてよ!」 「~君がバイオリン弾いてくれたら元気になるから聴きたいな。」 「今やってる曲ママが特別好きな曲なんだよ!聞かせてよ♪」 こんなふうに思われるかもしれません。 子供のモチベーションは「ご家族が喜んでくれること」 お子さんは大好きなご家族が喜んでくれることが1番のモチベーションになります。 あなたが練習する姿が嬉しいんだよ。 あなたのバイオリンが好きなんだよ。 このように伝えてモチベーションが上がらないお子さんはいません。 実際にレッスンで講師の私が褒めるよりも、 お家の方が「良くなったね!今日綺麗な音だったよ!」と喜ばれた方がニコーっと嬉しそうな様子です。 こんな風に思える環境がお子さんを練習好きにさせるのかな、と思います。 まとめ【練習のモチベーションを保つコツ】 練習を促す時の声がけはお子さんのファンになったつもりで「あなたのバイオリンが聴きたい!」と伝えることがお勧めです。 お子さんのモチベーションは保護者の嬉しそうな姿です。 一番身近なファンとしてお子さんの成長を応援してあげたいですね。

バイオリンは好き!でも練習嫌い?【子供が考えていること】

バイオリンやピアノ等の音楽の習い事は 将来楽しく演奏できるようになるために「お家で練習すること」が必須です。 しかし、お家の練習で悩まれる保護者も多いのではないでしょうか? 【なぜ?】バイオリンは好きなのに、練習は嫌がる お家でこのようなことはありませんか? バイオリンは好きと言うのに、練習は嫌がる。 そして、 練習が嫌いなら辞めていいよ、と言ってもやめたがらない。 好きだったら練習するはず・・・。 嫌いだったらやめた方が本人のためなのに、辞めたがらない。 なぜ??? 大人からすると矛盾だらけで不思議ですよね。 今日は、 なぜ子どもが練習が嫌いか 練習嫌いな子供とどう向き合うか 自分の経験を踏まえて解説していきます。 家でバイオリンの練習を嫌がる理由 ①練習と言われても何をして良いか分からない 小さいお子さんは「練習」で何をするか理解できません。 大人の生徒さんですら、 「弾けるようになるにはどうすれば良いか」を考えて練習することは難しいものです。 子供だと尚更です。 練習で何をしたら良いか考えられるようになるまでは、ある程度の大人の手助けがあると良いです。 レッスンではお子さんがお家で練習しやすいように、 この小節を弾く ここに気を付けて練習する 何回弾く など具体的な宿題出しています。 楽譜にメモをしたり、付箋を貼ったり本人が分かるようにしています。 保護者が練習に付き添える場合は、 今日は何を練習するだっけ? 何に気を付けるんだっけ? とその日の目標をお子さんが考えられるようにお声がけいただけると助かります。 練習中に言うと喧嘩になってしまうこともあるので、練習を始める前がおすすめです。 責める感じにならないように「パパママに教えて!」という感じでさりげない問いかけだと良いですね(*’▽’) 練習を通して自分で考えて工夫できる力を育てていきたいですね♪ ②難しいから嫌 子供は難しすぎることを嫌がります。 そんな時の練習のコツは、 その日必ずできそうなことをする 通し練習はせず、練習のポイントを絞る ことがお勧めです。 レッスンでも、難しい箇所はハードルを下げて、確実にクリアできるようにしています。 例えばこのような感じです。 1小節の中の「シとド」だけを弾けるようにする 弓を全部使って弾いてみる。など 少し頑張れば必ずできることにチャレンジさせて「自分はできるんだ」と自信をつけさせます。 チャレンジしたことは、 「ほら、やっぱり〇〇ならできると思ってたよ!」 「すぐできるようになったからママびっくりしたよ!」 などいっぱい褒めてあげてくださいね♪ 「練習したらできる」と自信がついてくると、 徐々に難しいことでも感情をコントロールして取り組むようになります。 ③弾けないことが自体が辛い 子供にとって好きなバイオリンを上手く弾けないことは辛いことです。 […]

【バイオリン発表会】余裕のある練習計画 選曲~本番まで

バイオリン発表会 曲決め~本番まで 発表会までのおすすめの練習スケジュールをご紹介します。 このような方にお勧めの記事です。 導入テキストが終わって、鈴木1巻終わり~2巻以降の子供の生徒さん。 ※導入期の生徒さんは曲自体が短いため、短めのスケジュールがお勧めです。 4カ月前【曲の提案、相談、決定】 曲を決めます。 曲を決めるポイントは次の通りです。 生徒さんが弾きたい曲であるか。(最重要) 難しすぎず、簡単すぎず生徒さんのレベルに合った曲か。 発表会で映える、聴いている人も楽しめる曲か。 生徒さん側は日頃からどんな雰囲気の曲が好きか、次はどんな曲をやってみたいか意識しておくことがお勧めです。 弾きたい曲が具体的に浮かばない場合 好きな曲の雰囲気、イメージを教えてください。 曲の雰囲気(綺麗な感じ、明るい感じ、暗い感じ) テンポ(ゆったりめ、軽快な感じ) 生徒さんのレベルに合いそうな曲を何曲か提案します。 3か月前【譜読みを始める~譜読み完了】 曲が決まり、一か月かけて譜読みを始めます。 譜読みの作業で仕上げたいことはこのようなことです。 音の読み間違えをしないこと つっかえずに、最後まで弾ききれること。 つっかえずに弾けることで生徒さん自身に余裕が生まれて、次の段階への進みやすくなります。 2カ月前【曲の表現を深める】 譜読みができて弾くことに余裕が生まれてきたら、曲の表現を深めていきます。 どんな雰囲気で弾きたいか、どんなイメージを持っているかで表現の工夫をしていきます。 このようなことで曲に色付けをしていきます。 音の強弱をつけて音楽を立体的にする。 フレーズを意識して、曲の物語が伝わるようにする。 音色を工夫する。(優しい、激しい、悲しいなど。) 曲に色付けをしていくことで、どんな風に弾きたいか、どんな表現がしたいか聞き手に伝わりやすくなります。 1カ月前【曲を暗譜する】 暗譜をしていきます。 このようなことに気を付けると良いでしょう。 リピート記号の確認。(どこで繰り返すか) ピアノ伴奏のメロディーも含めて暗譜する。 ピアノへの合図(呼吸)をより分かりやすく意識して覚える。 ピアノと合わせると思いもよらないところで崩れる、ということがあるのでピアノのメロディーも意識して覚えることがお勧めです。 2~3週間前【お辞儀の練習・ドレスを着て練習】 本番に近づいてきました。 本番に近い状態でこのような練習をします。 お辞儀の練習 登場の練習(アナウンス~お辞儀まで) お家でドレス(靴を含む)を着て練習 発表会が初めてというお子さんは登場やお辞儀など念入りに練習しましょう。 ドレスで注意したいこと お子さんは衣装の着心地、弾きやすさも大切なのでチェックしておくことがおすすめです。 ドレスではこのようなトラブルが考えられます。 生地やタグがチクチクして痒い、集中できない バイオリンを構えた時に、腕が窮屈で弾きにくい 歩いている時に靴が脱げる、または小さい。 1週間前【ピアノ合わせ】 本番で一緒に弾いてくださるピアニストと合わせの練習をします。 曲のテンポで揺らしたいところをピアニストに伝える 始まりのタイミング、終わりのタイミングを分かりやすく伝える […]

【どんな特徴があるの?】大人のためのバイオリン発表会

7月は子供の発表会に加えて、大人の発表会も行います。 今回は大人のための発表会とはどのようなものかご説明します。 大人のためのバイオリン発表会 大人の生徒さんの発表会は「サロンコンサート」という名前にしています。 なぜ「サロンコンサート」にしたかというと演奏だけでなく、気軽な会話や交流も楽しめる会を目指しているからです。 このような発表会のイメージを打ち消せればと思っています。 緊張や失敗したらどうしよう、という不安 お子さんがメインの発表会で大人は肩身が狭い バイオリンを通して大人の生徒さん同士の繋がりを感じて、温かい雰囲気の中で演奏を楽しんでいただきたいです。 大人が発表会に出るメリットは「上達すること」 上達する(これが一番です!) 練習の質が上がる モチベーションが上がる 達成感を得られる 発表会のメリットは色々ありますが、上達することが一番のメリットです。 私も演奏会など人前で弾く機会を意識して持つようにしているのですが期限があることで という気持ちになり練習量が増えます。 また細かいところまで意識がいくようになり、練習そのものの質があがるように思います。 発表会を終えた生徒さんは上達されて、次の目標も見つけられモチベーションが上がる方がとても多いです。 大人だけのバイオリン発表会の特徴 「大人の発表会ってどんな雰囲気なの?」 ご質問にお答えします。 出演者は大人の生徒さんのみ 大人の生徒さんが気兼ねなく弾けるように、お子さんの発表を同時に行っていません。 音楽を愛する大人の方が集う、温かい雰囲気の会です。 ソロとアンサンブルを楽しめる ソロのアンサンブルの演奏を発表していただけます。 演奏形態はご自由にお選びいただけます。 じっくりとご相談も伺います。 お客様は関係者のみ 生徒さん同士の温かい雰囲気の中で演奏できるように身内だけの小さな会にしています。 お客様はご家族、お友達など関係者のみとさせていただいています。 小さな会場 立派なホールでの発表会ではなく、小さな会場で行っています。 特別感が味わえるように会場の雰囲気にはこだわっています。 服装は少しかしこまったお気に入りの服で、後は自由 服装は様々な方がいらっしゃいます。 男性はスーツ、女性はワンピース、少しフォーマルな服など。 場が華やぐドレスも大歓迎です! 暗譜OR楽譜を見る【どちらでもOK】 大人の発表会は暗譜は自由にしています。 このような生徒さんは楽譜を置いて演奏される場合が多いです。 「緊張して真っ白になったらどうしよう」と不安の中で演奏したくない 暗譜はしているけど、楽譜があった方が落ち着いて演奏できる 暗譜は得意、不得意がありますので一番良いやり方で演奏してくださいね。 大人だから楽しめるバイオリン発表会 仲間の演奏に温かく耳を傾けられる姿が印象的です。 当日の発表は少し緊張しながらも、演奏後は「出演して良かった!」と言ってくださいます。 また他の生徒さんの良い所に目を向けて「勇気をもらいました!」と仰る姿も大人ならではだと思います。 子供の頃とは違った視点で、大人だからこそ楽しめるバイオリン発表会です。 と迷われている方は是非出演してくださいね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のバイオリン練習】習慣化がおすすめ

音楽のお稽古は日々の積み重ねと、お家の練習がかかせないもの。 練習に関してこのようなお悩みはありませんか? お家の練習の習慣化にはコツがあります。 目次 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 生活リズムに取り入れる 練習しやすい環境を作る(楽器を用意するのが効果的!) 声がけはポジティブに 練習を嫌がる時はバイオリンゲームで練習を練習と思わせない ご参考になれば幸いです。 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 小さいお子さんは上達させることよりも、まず毎日の練習習慣をつけることがおすすめです。 最初のうちは練習時間は5分もあれば十分です。 長時間の練習を週に数回よりも、少しの時間でも良いので毎日バイオリンを触ることが大切です。 練習習慣が身に付くと自分から練習してくれるようになり、将来保護者の方の負担がグッと減ります。 バイオリンの練習を生活リズムに取り入れる 時計が読めない小さいお子さんでも理解できるように、日々の習慣とバイオリンの練習をセットにすると良いです。 例えばこのような感じです。 歯磨きの後に練習 ご飯の前に練習 おやつの前に練習 など これだと小さなお子さんにも理解しやすいですし、生活リズムの中に組み入れて習慣化しやすいです。 ママが管理するのではなく、お子さん自身が練習を意識できる仕組みがあれば楽です。 次の行動とセットで練習を予告する 急に「今からバイオリンだよ!」と命令すると拒否感を持ってしまうのでそれ以外の言葉で誘うのがお勧めです。 例えば、 「もうすぐご飯だから、先にバイオリンしようか?」 「おやつの前にバイオリンしておこう!」 と次の行動とセットで予告しておくといいですね。 バイオリンの練習をしやすい環境を作る 練習する時に練習できる環境が作られていることもポイントです。 例えばこのような環境な作りがおすすめです。 楽器の用意がしてある(意外と効果あります!) 楽譜が開いている テレビやゲームの音が聞こえない静かな環境 など おもちゃが片付いている すぐに取り掛かれるような環境を整えておくと途中で心変わりしにくいです。 また気が散らないように静かな環境にしておくのも良いです。 【効果あり】バイオリンを用意しておく 意外と効果があるのはバイオリンを弾けるように用意をしておくこと。 楽器を用意することは時間がかかるし小さい子供にとっては結構大変なんです。 用意している間に練習が嫌になったり、違うことに興味が逸れることもあります。 すぐにバイオリンを弾けるように用意しておくと、すんなり練習に取り掛かれます。 ぜひお試しください。 声がけはポジティブに 練習しないとついイライラしたり、「練習しなさい!」と強い言葉で促してしまうことありますよね。 声がけはできるだけお子さんの気分が乗るようなものがお勧めです。 例えばこのような感じです。 ママ、〇〇ちゃんのバイオリン聞きたいな 昨日練習頑張ったね、今日も練習しているところ見たいな~ 先生レッスンで褒めてくれてたね、あの部分聞かせてよ♪ ポジティブなお声がけしていただけると嬉しいです。 バイオリンの練習を嫌がる時はバイオリンゲームをしよう 「今日は練習したくない!」と言われること、きっとあると思います。 そんな時は子供が拒否感を持たないように、さりげなくバイオリンに誘導しましょう。 […]

【不安なこと】家で練習できるかな?

音楽の習い事を始めようとする親御さんはこのようなご不安はありませんか? 子どもが音楽に興味を持っているから何か楽器をさせたいな。 でも、家で練習をさせないといけないのかな?できるかなぁ・・・。 答えは、お家での練習をお願いしています。 しかし、お家で練習できるか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お家での練習の目的 親御様の不安な気持ち 分かります。 レッスンではお家での練習を具体的に分かりやすくお伝えしています。 弾けると楽しくなる、それが練習のメリット! お家での様子、ご相談ください。 練習の目的「楽しく自由に弾ける」を目指すこと 練習は「楽しく自由に弾ける」ことを目指して行います。 「レッスンで楽器を触れて楽しむ」こともレッスンの在り方の一つとしてありかもしれません。 しかしそれだとバイオリンはなかなか弾けるようになりません。 また、練習しないとこのような悪循環が起きます。 弾けない→つまらない→自信がなくなる→やりたくない このようなことを避けて、楽しく弾けるようになるために練習は必要と考えます。 でも、練習できるか不安・・・ とはいうものの、 音楽をやったことがない バイオリンを弾いたことがない という親御さんはどんな風に練習させたら良いか分からず不安ですよね。 レッスンでは練習の方法をお教えしています! 音楽未経験という保護者の方もご安心ください。 レッスンでは「ここやってきてくださいね」と丸投げにせずに、「こういう方法で、こういう順序でやってきてくださいね。」とかなり具体的にお伝えしています。 レッスン中の様子をスマートフォンで撮っていただくこともOKです! 動画があることで「先生なんて言ってたっけ?」と悩むことが無くなります。 確実にできることを積み重ねます レッスンでの課題は お子さんと親御さんに負担が掛かりすぎないように、ポイントを絞ってアドバイスをしています。 弓を全部使って弾く ㇻの音を2拍伸ばす などシンプルで確実にできることを積み重ねていきます。 練習することで得られる最大のメリット 練習のメリットは「バイオリンが好きになる」ことです。 練習する→弾ける→自信がつく→楽しい→もっと好きになる お家と教室のレッスンを連携させて良い循環にもっていきましょう。 どのようなことでもご相談ください♪ 当教室はバイオリン未経験の親御さんばかりです。 お子さんがバイオリンを弾けて楽しめるように、練習方法などもアドバイスさせていただきます。 楽しく弾ける!を目指していきましょう♪ 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

2020年振り返りと新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 2020年はコロナの影響を深く受けた1年でしたが生徒さん、保護者の皆様、教室に関わってくださった皆様に支えていただきながら無事に終えることができました。 本当にありがとうございました。 変化の1年だった2020年 今年はコロナがきっかけでバイオリンレッスンでは新しいことに取り組んだ1年でした。 2月末 コロナウイルスの影響を受ける レッスン休講と3月末の発表会中止を決定しました。 発表会まであと一か月という時期だったので、生徒さんは仕上げの段階に入っていました。 中止の決定は心苦しかったです。 励ましや温かいお言葉をいただき本当にありがとうございました。 4月 オンラインレッスン開始 オンラインレッスンご希望の生徒さんのみ開始しました。 →6月8日オンラインレッスンの効果 家にいながらできるオンラインレッスンは便利なものだと知りました。 現在も対面レッスンとオンラインレッスンは併用しています♪ 6月 対面レッスン再開 対面レッスンを再開しました。 →6月6日対面レッスンを再開しました 生徒さんとの再会が嬉しく、「お顔を合わせてレッスンできる」という状況がかけがえのないものだと感じました。 マスク着用やアルコール消毒などご協力いただき、スムーズなレッスンが実現しました。 ご協力ありがとうございます。 12月 動画発表会、クリスマスアンサンブルセミナー 動画発表会 子供の生徒さんを対象に「動画発表会」を行いました。 バイオリン動画発表会終わりました →12月24日バイオリン動画発表会終わりました 8月からコツコツと練習を続け、どの生徒さんも目標をもって生き生きと取り組んでくださいました。 皆さん緊張感を持ちつつ、思い思いの演奏ができました。 クリスマスアンサンブルセミナー 教室の生徒さんで合奏を楽しみました。 【アンサンブルセミナー】生徒さんのご感想、振り返り 普段のレッスンとは違った視点で、ハーモニーの美しさを感じました。 コロナの影響で生徒さん同士集まる機会のなかった1年でしたが、生徒さん同士で心を一つに演奏ができた貴重な時間となりました。 2021年もよろしくお願いいたします。 2020年を振り返ってみると大変な年ではありましたが、レッスンや音楽の在り方について改めて考えさせられた1年でした。 しばらくコロナの影響は続きそうですが、このような状況下だからこそバイオリンが心の拠り所になるように日々のレッスンを大切にしたいです。 2021年もよろしくお願いいたします♪