音楽を楽しむために

【バイオリン発表会】余裕のある練習計画 選曲~本番まで

バイオリン発表会 曲決め~本番まで 発表会までのおすすめの練習スケジュールをご紹介します。 ※導入期の生徒さんは曲自体が短いため、短めのスケジュールがお勧めです。 4カ月前【曲の提案、相談、決定】 曲を決めます。 曲を決めるポイントは次の通りです。 生徒さん側は日頃からどんな雰囲気の曲が好きか、次はどんな曲をやってみたいか意識しておくことがお勧めです。 弾きたい曲が具体的に浮かばない場合 好きな曲の雰囲気、イメージを教えてください。 生徒さんのレベルに合いそうな曲を何曲か提案します。 3か月前【譜読みを始める~譜読み完了】 曲が決まり、一か月かけて譜読みを始めます。 譜読みの作業で仕上げたいことはこのようなことです。 つっかえずに弾けることで生徒さん自身に余裕が生まれて、次の段階への進みやすくなります。 2カ月前【曲の表現を深める】 譜読みができて弾くことに余裕が生まれてきたら、曲の表現を深めていきます。 どんな雰囲気で弾きたいか、どんなイメージを持っているかで表現の工夫をしていきます。 このようなことで曲に色付けをしていきます。 曲に色付けをしていくことで、どんな風に弾きたいか、どんな表現がしたいか聞き手に伝わりやすくなります。 1カ月前【曲を暗譜する】 暗譜をしていきます。 このようなことに気を付けると良いでしょう。 ピアノと合わせると思いもよらないところで崩れる、ということがあるのでピアノのメロディーも意識して覚えることがお勧めです。 2~3週間前【お辞儀の練習・ドレスを着て練習】 本番に近づいてきました。 本番に近い状態でこのような練習をします。 発表会が初めてというお子さんは登場やお辞儀など念入りに練習しましょう。 ドレスで注意したいこと お子さんは衣装の着心地、弾きやすさも大切なのでチェックしておくことがおすすめです。 ドレスではこのようなトラブルが考えられます。 1週間前【ピアノ合わせ】 本番で一緒に弾いてくださるピアニストと合わせの練習をします。 講師も一緒なって、生徒さんがどんなふうに弾きたいかピアニストに伝えていきます。 ここでミスがあったらチャンスです! 本番までの一週間で練習をして、最終調整をしましょう。 バイオリン発表会【本番当日】 今までしっかり準備をしてきたので大丈夫! 先日はしっかり寝て、当日はご飯を食べて、当日の演奏を楽しんでくださいね。 バイオリン発表会で満足いく演奏をするためには 発表会では実力を発揮して、その日一番の演奏をしていただけたら嬉しいです。 そのためには事前の準備が大切です。 特に小さいお子さんはバイオリン演奏はもちろんのこと精神面のサポート、そして発表会はどのようなものかお話して頑張ってもらいます。 また、部活やテストで忙しい中学生の生徒さんは早めの準備で学校とバイオリンを上手に両立することがおすすめです。 発表会が良い一日になるようにそれぞれの目標に向かって頑張りましょう! 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【どんな特徴があるの?】大人のためのバイオリン発表会

7月は子供の発表会に加えて、大人の発表会も行います。 今回は大人のための発表会とはどのようなものかご説明します。 大人のためのバイオリン発表会 大人の生徒さんの発表会は「サロンコンサート」という名前にしています。 なぜ「サロンコンサート」にしたかというと演奏だけでなく、気軽な会話や交流も楽しめる会を目指しているからです。 このような発表会のイメージを打ち消せればと思っています。 バイオリンを通して大人の生徒さん同士の繋がりを感じて、温かい雰囲気の中で演奏を楽しんでいただきたいです。 大人が発表会に出るメリットは「上達すること」 発表会のメリットは色々ありますが、上達することが一番のメリットです。 私も演奏会など人前で弾く機会を意識して持つようにしているのですが期限があることで という気持ちになり練習量が増えます。 また細かいところまで意識がいくようになり、練習そのものの質があがるように思います。 発表会を終えた生徒さんは上達されて、次の目標も見つけられモチベーションが上がる方がとても多いです。 大人だけのバイオリン発表会の特徴 「大人の発表会ってどんな雰囲気なの?」 ご質問にお答えします。 出演者は大人の生徒さんのみ 大人の生徒さんが気兼ねなく弾けるように、お子さんの発表を同時に行っていません。 音楽を愛する大人の方が集う、温かい雰囲気の会です。 ソロとアンサンブルを楽しめる ソロのアンサンブルの演奏を発表していただけます。 演奏形態はご自由にお選びいただけます。 じっくりとご相談も伺います。 お客様は関係者のみ 生徒さん同士の温かい雰囲気の中で演奏できるように身内だけの小さな会にしています。 お客様はご家族、お友達など関係者のみとさせていただいています。 小さな会場 立派なホールでの発表会ではなく、小さな会場で行っています。 特別感が味わえるように会場の雰囲気にはこだわっています。 服装は少しかしこまったお気に入りの服で、後は自由 服装は様々な方がいらっしゃいます。 男性はスーツ、女性はワンピース、少しフォーマルな服など。 場が華やぐドレスも大歓迎です! 暗譜OR楽譜を見る【どちらでもOK】 大人の発表会は暗譜は自由にしています。 このような生徒さんは楽譜を置いて演奏される場合が多いです。 暗譜は得意、不得意がありますので一番良いやり方で演奏してくださいね。 大人だから楽しめるバイオリン発表会 仲間の演奏に温かく耳を傾けられる姿が印象的です。 当日の発表は少し緊張しながらも、演奏後は「出演して良かった!」と言ってくださいます。 また他の生徒さんの良い所に目を向けて「勇気をもらいました!」と仰る姿も大人ならではだと思います。 子供の頃とは違った視点で、大人だからこそ楽しめるバイオリン発表会です。 と迷われている方は是非出演してくださいね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【想像力を広げる経験】イメージすることの楽しさ!

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 バイオリンの魅力は豊かな音色でイメージした音を情景に乗せて表現しやすいところ。 レッスンでは演奏を通して想像力を刺激し、イメージを豊かに膨らませる楽しさを経験していきます。 今回は「想像力」をテーマにレッスンで大切にしていることをご紹介します。 想像力を引き出す問いかけ ある日のお子さんのレッスン。 今日のレッスンのテーマは「ラ」の音。 ただ弾くだけでなく、「ラ」のに彩を加えて表現を楽しみます。 「お子さん自身のイメージ」を引き出し広げていきます。 例えばこのようなお声がけをします。 表現を押し付けるのではく、お子さん自身が持つ想像力を引き出すことを心がけています。 様々な場面を想像しながら弾くと、音色がガラッと変わります。 演奏を通してイメージすることの面白さを経験していきます。 バイオリンを通して育む想像力 バイオリンのレッスンでは音楽の感情の変化を考えたり、こんな風に弾いたら面白いかな?きれいかな?と工夫します。 様々な情景を想像し、楽しみ、イメージを音で伝えること。 試行錯誤していくことで想像力が鍛えられます。 想像力を鍛えるメリット 想像力を鍛えることで得られるメリットは多くあります。 想像力はお子さんが大きくなってからも、音楽以外の様々な場面で役に立ちます。 生徒さんには自由な発想で物事をとらえ、柔軟に物事を考えられるようになってほしいと思っています。 音楽を味わい、想像力を膨らませる体験 レッスンではお子さんの想像力を引き出す質問をたくさん投げかけます。 時には一緒に物語を作ったり、絵をかいたりします。 想像力を膨らませながら、音楽を味わうこと。 相手の喜ぶ顔を想像して演奏を楽しむこと。 バイオリンを通した音楽体験で、無限に広がる想像力を伸ばします。

【子供のバイオリン練習】習慣化がおすすめ

音楽のお稽古は日々の積み重ねと、お家の練習がかかせないもの。 練習に関してこのようなお悩みはありませんか? お家の練習の習慣化にはコツがあります。 今回は習慣化のヒントをお伝えします。 ご参考になれば幸いです。 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 小さいお子さんは上達させることよりも、まず毎日の練習習慣をつけることがおすすめです。 最初のうちは練習時間は5分もあれば十分です。 長時間の練習を週に数回よりも、少しの時間でも良いので毎日練習することが大切です。 練習習慣が身に付くと自分から練習してくれるようになり、将来保護者の方の負担がグッと減ります。 バイオリンの練習を生活リズムに取り入れる 時計が読めない小さいお子さんでも理解できるように、日々の習慣とバイオリンの練習をセットにすると良いです。 例えばこのような感じです。 これだと小さなお子さんにも理解しやすいですし、生活リズムの中に組み入れて習慣化しやすいです。 ママが管理するのではなく、お子さん自身が練習を意識できる仕組みがあれば楽です。 バイオリンの練習をしやすい環境を作る お子さんが「練習しよう」と思えた時にスッと練習できる環境が作られていることも練習に繋がるポイントです。 例えばこのような環境がお勧めです。 すぐに取り掛かれるような環境を整えておくと途中で心変わりしにくいです。 また気が散らないように静かな環境にしておくのも良いです。 声がけはポジティブに 「練習しなさい!」以外の言葉で練習を促していただくことがお勧めです。 例えばこのような感じです。 ポジティブなお声がけしていただけると嬉しいです。 バイオリンの練習を嫌がる時は関わり方を変える 丁寧に優しく声をかけても「練習嫌だ!」と言われること、きっとありますよね。 そんな時は無理に練習をさせないでできることをしましょう。 例えばこのようなことです。 どれか一つでもいいですし、気分が乗ってきたらバイオリンの練習をしてもOKです! 続けるってすごいこと!バイオリンを弾けると親子で嬉しい! まずは短い時間でも良いので毎日バイオリンに触れて練習習慣を身につけましょう。 といっても少しの練習をさせるために声がけをしたり、テレビを消して練習しやすい環境を作ったり、機嫌を損ねたらグズグズに付き合って・・・。 きっと5分以上の時間がかかっているのだろうと想像しています。 日頃の練習にご協力くださるお家の方には本当に感謝しかありません。 続けることは、とてもパワーがいりますが大切に育てた芽はきっと大きな花になります。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のレッスン】一人ひとりの「分からない」に向き合うこと

お子さんのレッスンではこのようなことがよくあります。 こんな時、親御さんは「家で練習頑張ったのに・・・」ガッカリしてしまうことがあるかもしれません。 理解の速い大人と違い、「昨日できたことが今日できない。」は幼いお子さんにはよくあることです。 それにレッスンで100%の力を発揮するのは大人でも難しいこと。 では大人はお子さんの「できない、わからない」をどのようにサポートすると良いでしょうか。 今日はレッスンの心構え、お子さんとの向き合い方について解説していきます。 レッスンは「分からない」を解決する場所! レッスンは「分からない」を解決するところなので分からなくて当然です。 このような時、お子さんは本当に「分からない」のです。 大人が叱ってしまうとますます委縮してしまうので、レッスンでは「分からない」ということを認めて受け止めるようにしています。 なぜ分からないか、どういうアプローチが良いか考えつつお子さんの理解をサポートしています。 レッスンで心がけていること 「お子さんの分からない」を受け止めた上で次のようなことを心がけています。 できなければもう一度教えて、どうやったらいいか一緒に考えます。 明るい表情で、簡単な言葉を使ってお伝えすることを心がけています。 大人の分かりやすい話し方で、「聞き入れる姿勢」になってくれることが多いです。 年齢に合わせた教え方を気を付けています。 「怒ること」で委縮させない 怒ると子供は必要以上に委縮してしまい、「怒られないこと」が目的になってしまいます。 大人も人から教わる時に怒られると、必要以上に委縮してしまいますよね? 「怒られないように」と考えるとますます身体が強張ってしまった、と経験は一度はあると思います。 お子さんには「失敗が怖い」という記憶を持ってほしくありません。 失敗を責めない、もう一度やり方を教えることを心がけています。 【失敗を通して自立を目指す】「分からない」を「できた」に。 大人の役割は、子供が一人で考えて工夫して、自分できるよう手助けをすること。 できない時、分からない時は成長のチャンスです。 レッスンでは、「どうやったらできるかな?」と問いかけます。 できた時は褒めて終わらず、「何に気を付けて弾いたの?」と問いかけて次の成功体験に繋げます。 「分からない」にぶつかった時は、やり方と考え方を教えて働きかけることが大人にできることです。 「失敗しても分からなくても大丈夫、どうやったらできるか考えればいいんだよ。」 私自身、お子さんのレッスンを通して自分に言い聞かせている言葉です。 お子さんのチャレンジする姿勢から、多くのことを学ばせていただいております。

2020年振り返りと新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 2020年はコロナの影響を深く受けた1年でしたが生徒さん、保護者の皆様、教室に関わってくださった皆様に支えていただきながら無事に終えることができました。 本当にありがとうございました。 変化の1年だった2020年 今年はコロナがきっかけでバイオリンレッスンでは新しいことに取り組んだ1年でした。 2月末 コロナウイルスの影響を受ける レッスン休講と3月末の発表会中止を決定しました。 発表会まであと一か月という時期だったので、生徒さんは仕上げの段階に入っていました。 中止の決定は心苦しかったです。 励ましや温かいお言葉をいただき本当にありがとうございました。 4月 オンラインレッスン開始 オンラインレッスンご希望の生徒さんのみ開始しました。 →6月8日オンラインレッスンの効果 家にいながらできるオンラインレッスンは便利なものだと知りました。 現在も対面レッスンとオンラインレッスンは併用しています♪ 6月 対面レッスン再開 対面レッスンを再開しました。 →6月6日対面レッスンを再開しました 生徒さんとの再会が嬉しく、「お顔を合わせてレッスンできる」という状況がかけがえのないものだと感じました。 マスク着用やアルコール消毒などご協力いただき、スムーズなレッスンが実現しました。 ご協力ありがとうございます。 12月 動画発表会、クリスマスアンサンブルセミナー 動画発表会 子供の生徒さんを対象に「動画発表会」を行いました。 バイオリン動画発表会終わりました →12月24日バイオリン動画発表会終わりました 8月からコツコツと練習を続け、どの生徒さんも目標をもって生き生きと取り組んでくださいました。 皆さん緊張感を持ちつつ、思い思いの演奏ができました。 クリスマスアンサンブルセミナー 教室の生徒さんで合奏を楽しみました。 【アンサンブルセミナー】生徒さんのご感想、振り返り 普段のレッスンとは違った視点で、ハーモニーの美しさを感じました。 コロナの影響で生徒さん同士集まる機会のなかった1年でしたが、生徒さん同士で心を一つに演奏ができた貴重な時間となりました。 2021年もよろしくお願いいたします。 2020年を振り返ってみると大変な年ではありましたが、レッスンや音楽の在り方について改めて考えさせられた1年でした。 しばらくコロナの影響は続きそうですが、このような状況下だからこそバイオリンが心の拠り所になるように日々のレッスンを大切にしたいです。 2021年もよろしくお願いいたします♪

【おすすめ】バイオリンのコンサートでレッスンをさらに楽しく!

バイオリンは弾くだけでなく、コンサートに通う楽しみもあります。 実際に生徒さんはバイオリンファンの方がとても多く、コンサートを楽しまれている様子を頻繁に伺います。 今回は一度は行きたい、誰もが楽しめるコンサートをご紹介します! おすすめのバイオリンコンサート おすすめのコンサートをご紹介します。 演奏はもちろんのことトークも楽しいコンサートです。 楽しい演出と曲目のコンサートが増えバイオリンがとても身近な楽器になりました。 子供向けのコンサート お子さんの楽しめるコンサートも全国で数多く行われています。 0歳でも楽しめる子供向けコンサートは全国各地で行われているので行ってみられてはいかがでしょうか? 小さい時から気軽にコンサートに行くことは、大きくなってからも音楽を愛する心を育てます。 コンサートに着ていく服装 ドレスコードはありません。 お気に入りの服で演奏を聴いて特別な一日を過ごすのもおすすめです。 気分を盛り上げてくれるお気に入りの服 リラックスして聴ける服 特別な一日を味わえる優雅な服 小さなお子さんがドレスアップしてコンサートを聴く姿も可愛いです。 バイオリンが弾けるとコンサートがもっと楽しくなる! 自分でバイオリンが弾けると、コンサートで楽しめる要素が増えます。 このように仰る生徒さんの多いこと! 聞くだけでなく弾けるとバイオリンの楽しみ方がますます多彩になります。 ぜひ様々なコンサートで生の音に触れて、よりバイオリンを楽しみましょう! きっと音楽の世界が広がります。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【バイオリンレッスン中に泣くこと】自分の心と向き合う経験

小さいお子さんのお母さまからこのようなご相談を受けます。 我が子が泣いてしまいレッスンが中断にならないか、迷惑をかけないかとご心配されるお母様がいらっしゃいます。 初めての習い事、初めての楽器。 心配されることは自然なことです。 一人ひとりと向き合うマンツーマンレッスンなので「お子さんの心」に向き合ったレッスンができます。 ご安心ください。 バイオリンのレッスン中に泣いてしまう理由 お子さんが泣いたり怒ったりすることには理由があります。 このような理由を言葉で説明できない時に涙が出てしまうのだと思います。 しかし失敗するということは「伸びしろ」があるということ。 「泣く」ことは自分と向き合っている証拠。 お子さん自身が失敗をプラスに捉えて次の行動に移せるよう、お声がけをしています。 あのままの気持ちを受け入れること お子さんのありのままの気持ちを認めて受け止めること、そしてポジティブなお声がけを心がけています。 悔しい、失敗が嫌と思うことは当然の感情です。 お子さんの気持ちを受けとめた上で失敗を怖がらず挑戦できるよう声がけをさせていただいています。 失敗はお子さんの心の成長の糧になります。 一緒に考えながら挑戦する お子さんの気持ちを受け止めた上で、どのようにしたらうまくいくか一緒に考えていきます。 すぐに答えを教えず、お子さんに問いかけて考えさせることを大切にしています。 自分で考えた上で「できた!」という経験は確かな自信となり、次に繋がります。 失敗しても大丈夫、失敗をプラスに お子さんの気持ちを認めながら、うまくいく方法を考える。 このようなことを繰り返すうちに失敗を受け止め、対処方法を考えられるようになります。 これはバイオリンに限らず、勉強やスポーツ、受験など様々な場面で必要な力ではないでしょうか? 最初は泣いていたお子さんが、チャレンジできるようになる姿は立派です。 泣いたり怒ったりするお子さんに最初はハラハラされるかもしれませんが、成長の過程として温かく応援していただけると嬉しいです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。