コロナウイルス感染防止対策

コロナウイルス感染防止対策について

安全にレッスンを受けていただくための取り組み ~三密を防ぐために~ ①密閉状態にしない レッスン室が密閉状態にならないように一人一人のレッスン終了後、窓を2か所以上開けて換気を行います。 ②密集状態にしない ソーシャルディスタンスを守るため、講師と生徒さん間の距離を十分に保てるようにしています。(2.5メートルあります。) ③密接状態にしない 必要以上の接触を避けたレッスンを行います。 参照:三つの密を避けるための手引き(2020年4月15日、PDF:1,395KB、出典:首相官邸・厚生労働省、外部リンク) 他にもコロナ感染対策として次のことを行います。 講師のマスク着用 レッスン前の体温測定、および体調管理の徹底 ドアノブ、室内の備品の拭き取りおよびアルコール消毒 アルコールテッシュ、ジェルの設置 生徒様・付き添いの方へのお願い 生徒様・同居のご家族様に37.5度以上の発熱や咳などの風邪症状がある場合、レッスン受講はご遠慮ください。オンラインレッスンにて対応いたします。 レッスン室内でのマスク着用をお願いします。 生徒様同士の接触を避けるため、レッスンは入れ替え制にします。時間ちょうどにお越しください。 原則、調弦はご自身で行ってください。必要であればチューナーをご持参ください。 筆記用具をお持ちください。 スリッパが必要な方はご持参ください。 対面レッスン休講の判断と対応について 再び「緊急事態宣言」「外出自粛要請」が発令された場合は、自治体の指示に従い、対面レッスンは休講、およびオンラインレッスンへ切り替えます。  講師、生徒様、同居のご家族様の感染が判明した場合も同様の対応をいたします。 オンラインレッスンの活用 オンラインレッスン希望の方は引き続き行います。対面レッスンを再開された方も引き続きオンラインレッスンをご利用いただけます。 今後はオンラインレッスンと対面レッスンを併用します。第二波、第三波がきても、生徒さんの学びをサポートできる場でありたいと思います。