大人のレッスン

【大人】バイオリンが上達する、その先に何がある?

大人のレッスン、バイオリンでどんなことを学ぶ? レッスンではバイオリンの上達を大切にしつつバイオリンを弾けた先に、 どんなことを思うか 何を感じるか 生徒さんの未来を意識してレッスンしています。 ​上達の先にある「喜び」 バイオリンを始めて2ヶ月の大人の生徒さん。 教本を開いて弾き始めると… 明らかに音が美しくなっている…! 前回レッスンでやったことが全てクリアできてグーンと上達されていました。 レッスンで大切にしていることは、バイオリンを弾けたその先の「喜び」や「楽しさ」を見つけられるようにお手伝いさせていただくこと。 基礎から丁寧に、大人だからこそ上達と楽しさを実感できるレッスンを心がけています。 バイオリンを通して世界が広がる バイオリンが上達する、の先にはこんな世界も広がっています。 市民オーケストラに入団する バイオリンを頑張る仲間ができる 仲間で集まってアンサンブルができる 発表会で刺激を受ける 今まで知らなかった曲を知り、目標ができる バイオリンの技術を磨くだけではなく、生徒さんが目指す目標に向かってお手伝いできれば良いなと思います。 あなたはバイオリンのレッスンを通して何を学び、人生にどんな影響を与えたいですか? レッスンを通してあなただけの「喜び」、そしてワクワクと「胸が高鳴る瞬間」を探したいですね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

大人バイオリン初心者【挫折しない!綺麗な音を出すためのコツ】

バイオリンって難しい? こんにちは、保井佐弥です。 突然ですがバイオリンってこのようなイメージありませんか? ​バイオリンを弾くからには美しい音で自由に弾きたいと願う方が多いと思います。 一方で「バイオリンって難しそう、できるかな?」 こんな不安を感じられる方も多いと思います。 実際、バイオリンは習い始めが難しい楽器だと思います。 美しい音を味わい、楽しいバイオリンライフを送るためには、習い始めがとても大切です。 綺麗な音を出すために大切なこと バイオリンで綺麗な音を出すには習い始めに基礎を積み重ねることがとても大切です。 習い始めたころの、 というワクワクする気持ちもよ〜〜く分かります! バイオリンといえば!という有名な曲を弾いてみたいですよね。 最初の半年はじっくり、焦らずが大切 ただ肝心な基礎の部分を端折ってしまうと、結果的に遠回りすることになります。 楽しいバイオリンライフを送るために、最初の半年ぐらいは簡単な基礎を確実に積み重ねます 小さな「できた」を繰り返していくのでじんわりと達成感も感じられると思います。 基礎練習は単調で退屈なイメージがあると思いますが、今はとても素敵な教材があります。 美しいハーモニーでアンサンブルを楽しめて初歩の段階から濃いバイオリンレッスンができます。 (参考:初心者用の楽譜について) (参考:バイオリンの持ち方、弓の動かし方のコツ) 基礎があれば挫折しない【基礎はお守り】 基礎を取り組むメリットって何だと思いますか? 私の考えですが、余計な苦労をしなくて済むお守りのようなものだと思っています😊 基礎が身についていれば、 など上記のようなありがちなトラブルでの挫折を減らすことができます。 趣味で楽しみたい方こそ長く楽しく続けるために基礎力は大切にしたいですね。 習い始めのワクワクする気持ちも大切にしつつ、憧れの曲を美しく自由に弾けるように未来の希望や夢に向かって歩んでいきましょう。 一歩一歩、音楽の楽しさを味わっていきましょう。 バイオリンは習い始めが肝心な楽器です。 生徒さんの「弾きたい!」という気持ちは大切に、余計な遠回りせず着実に力を伸ばせるように指導させていただいております 弾けた先の「楽しい」を味わっていきましょう。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

ドレミは分かるけど、楽譜を読めない【リズム練習がおすすめ】

という方おられませんか? このような方はリズムの読み方を知らない場合が多いです。 (できないではなくて知らないだけです。) 「素質がないからできない。」とおっしゃる方がいますが、リズムのパターンさえ分かればどなたでも読めるようになります。 楽譜を読むために【生徒さんの取り組み】 こちらの生徒さんはドレミや、どの指を押さえるかということは理解されてきましたが、 リズム力を強化したいのでリズムの教本を頑張っておられます。 最終的には「バイオリンの楽譜を読み取って弾ける」ということを目指します。 楽譜への苦手意識がなくなると、練習もスムーズにできるようになります。  リズムはパターンで理解する リズムはパターンです。 リズムを「ターティティ」などの言葉にして、パターンで覚えて、自分で叩けるようにします。 訓練していくと、曲で同じリズムが出てきた時に「これわかる!」というシーンが増えてきます。 リズムが取れるようになると楽譜が読めるようになるだけでなく、音楽も生き生きとしてきます😊 リズムが不安定だとどれだけ綺麗な音で弾いていても音がバラバラに聴こえてしまうのです。 身体でリズムを感じで、生き生きとした音楽を奏でたいですね。 リズムの強化にお勧めの教材 丸子あかねさんの「リズムの本」シリーズをお勧めしています。 次のような点を気に入って使用しています。 スモールステップで進んでいく リズムだけでなく拍子の取り方も理解できる 簡潔で分かりやすい内容 簡単でシンプルな内容ですが確実に力が付きます。 1回の練習は5分もあれば十分にできる内容です。 ドレミは読めるけど、楽譜が読めなくて困っている方はとてもお勧めの教材です。 大人もお子さんも困っている方は是非お試しください。 長く音楽を楽しみたいなら、楽譜が読めた方が楽 楽譜が読めないところをYOUTUBEなどの音源でメロディーを覚えて弾く、という方もいらっしゃいます。 そのような方法も良いとは思うのですが、簡単な曲は対応できてもレベルアップした時に譜読みに時間がかかる、ということが考えられます。 長く音楽を続けたい、という方は楽譜を読めるようにしておくと先々楽になります。 楽譜が読めないという方はぜひリズム練習も取り入れて楽譜を読む力をつけていきましょう! 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。 「楽譜はなぜ読めたほうがいい?」「耳コピはダメ?」「効率的な身につけ方は?」楽譜にまつわるあらゆる疑問が解決できる本です。

忙しい大人の日々の練習量について

バイオリンの練習、毎日しないとダメ? 大人の生徒さんからこのようなご質問をいただきました。 忙しい大人の生徒さんは気になることだと思います。 練習すると上達する、でも時間の確保が難しいのが現実 ご質問に対してこのようにお答えしましました。 →できるなら毎日練習をした方が良いです。 練習すればやったことを忘れないし、定着しやすく上達が早くなります。 ・・・ですが。 大人の方は自分の時間を自由に取れないのが現実だと思います。 時間がないのはもちろんのこと体力的に練習をすることが大変な日もありますよね。 (関連記事:【大人】練習できないことへの罪悪感は不要というお話) 大人のバイオリン練習のコツは練習内容をこだわること 忙しい大人の練習のコツは、練習内容をこだわること。 一定の練習時間を確保することは難しい方は、短時間で効率的に練習することを目指しましょう。 大人の強みは論理的思考があること。 がむしゃらに練習するのではなく「考えること」を練習に取り入れます。 具体的にはこのような感じです。 弾けないところを見つける 原因を考える(特に大切!) 練習方法を考える 練習方法の道筋を立てられると上達まで早いです。 バイオリンのレッスンでも「弾けない理由+改善(練習)方法」をセットでお伝えしています。 お家での練習も納得感を持って取り組んでいただければと思っています😊 時間がない時は「部分練習」が上達に効果的 時間がない場合は曲全体を通すのではなく、苦手箇所の部分練習がおすすめです。 弾ける箇所の練習は省略して、苦手な箇所に時間をかけると良いです。 一小節程の短い範囲でどうやったら弾けるのだろう?と考えながら取り組むと効果的です。 じっくり一つの箇所を練習していくと、 右手に原因があるのかな? 手の準備が遅いのかな? 左手の肘が固いのかな? など弾きにくい原因が見えてくると思います。 発見した小さな原因を一つ一つクリアしていきましょう。 確実にクリアできそうなことをスモールステップで積み重ねていくことで確実に効率的に上達できます。 忙しい大人こそ部分練習を極めたいですね。 限られた時間でバイオリンを上達させる 大人の生徒さんは「毎週のレッスンの時間を楽しみたい。」というよりも、 「綺麗な音を出したい。音楽的に奏でたい。」いう方が多い印象です。 (人それぞれ様々なレッスンの楽しみ方があって良いと思います😊) 忙しい大人の方も上手に練習に取り組めるよう、上達に必要なポイントを押さえてアドバイスをしております。 美しい音が出た瞬間は本当に嬉しいですよね。 隙間時間で上手にバイオリンと向き合っていきましょう! 滋賀県甲賀市のやすい音楽教室でした。

【バイオリンで歌う】想いを伝える演奏のコツ

今回はバイオリンで歌う、想いを伝える演奏のコツをご紹介します。 大人の生徒さんは「バイオリンをもっと美しく弾きたい」と上達を望まれる方が非常に多いです。 好きなバイオリンだからこそ、美しい音を奏でられると嬉しいですよね。 生き生きとバイオリンを演奏される生徒さん こちらの生徒さんの演奏は「こんなふうに弾きたい、こんな表現がしたい」ということが伝わってきます。 一つ一つの音が響き、生き生きした音楽を奏でられるのです。 バイオリンで歌うように弾くために一番大切なこと バイオリンで歌うために大切なことは、 「歌いたい」という気持ちを持つこと 失敗を怖がらないこと だと思います。 と心配するよりも、「歌うように弾くにはどうすれば良いかな?」と理想の音を探して試行錯誤した方が音楽の深みが出てきます。 大人の方では失敗を恐れたり恥ずかしいと思う方がいらっしゃいます。 実はこちらの生徒さんも最初は恐々と音を出されていました。 弾き始めの音が震えたり、なめらかに音が出らないことがありました。 しかし「失敗してもいい!」と思い切って弾くようになってから力も抜け、表現が伝わる演奏になってきました。 バイオリンで音楽的な演奏をするには、気持ちとテクニックが大切 バイオリンで歌うには、理想の音のイメージとバイオリンの技術が必要です。 先程の生徒さんも「弾きたい音」をイメージして、弾き方を具体的に工夫されるようになりました。 「こんな風に弾きたいから弓の使い方を工夫しよう」 「大切な音だから、弓の毛を密着させて良い音を鳴らそう」 「響かせたいから、音程をしっかりあわせよう。」 このようにテクニックにも注意を払ったことで、音色がグンと変化していきました。 バイオリンで歌いたい気持ち。 それを表現するためのテクニック。 この2つが合わさった時に、想いが伝わる演奏ができるのだと思います。 出したい音、目指したい音が鳴ると嬉しいものです。 バイオリンで自分の気持ちを表現できると楽しさがワンランクアップします。 あなただけの音作りをしていきましょう。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【大人】バイオリンの練習時間が取れない、どうする?

大人の生徒さんは練習したくてもできない、ということがあると思います。 私も子育中なので自分の時間が取れない状況は非常に分かります。  練習できない生徒さんには その方の状況に合わせたレッスンをご提案しています。 個人レッスンだから一人ひとりのお悩みに合わせてレッスンができます♪ ですので、「先生に悪い」「先生に失礼」などと思われることは全くありません。 ある生徒さんの悩み  ある生徒さんはこんな風におっしゃいました。 練習できないのにレッスンに通っても良いのだろうか? と心配そうな様子が伝わってきました。  そこでレッスンの時間内で上達ができるようこのようなことをご提案しました。 お家での練習が大変な長い曲をせず、短い曲を取り組む。 弾きづらいパターンを丁寧に取り出し部分練習を強化する こちらの生徒さんのその後は・・・、 コツコツとレッスンに通ってくださった結果、 今ではG線上のアリアを取り組めるようになりました。 と嬉しい言葉をいただきました。 「バイオリンを弾いていると気持ちが楽になるんです」とお聞きして、私まで幸せな気持ちになりました。 プライベートレッスンだからこそ、生徒さんに合わせたレッスンができます。  生徒さんの状況に合わせてバイオリンが弾けるようにお手伝いさせていただきます♪ 練習に関して不安な気持ちがあれば、一緒に取り組み方を考えていきますのでご安心ください。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【どんな特徴があるの?】大人のためのバイオリン発表会

7月は子供の発表会に加えて、大人の発表会も行います。 今回は大人のための発表会とはどのようなものかご説明します。 大人のためのバイオリン発表会 大人の生徒さんの発表会は「サロンコンサート」という名前にしています。 なぜ「サロンコンサート」にしたかというと演奏だけでなく、気軽な会話や交流も楽しめる会を目指しているからです。 このような発表会のイメージを打ち消せればと思っています。 緊張や失敗したらどうしよう、という不安 お子さんがメインの発表会で大人は肩身が狭い バイオリンを通して大人の生徒さん同士の繋がりを感じて、温かい雰囲気の中で演奏を楽しんでいただきたいです。 大人が発表会に出るメリットは「上達すること」 上達する(これが一番です!) 練習の質が上がる モチベーションが上がる 達成感を得られる 発表会のメリットは色々ありますが、上達することが一番のメリットです。 私も演奏会など人前で弾く機会を意識して持つようにしているのですが期限があることで という気持ちになり練習量が増えます。 また細かいところまで意識がいくようになり、練習そのものの質があがるように思います。 発表会を終えた生徒さんは上達されて、次の目標も見つけられモチベーションが上がる方がとても多いです。 大人だけのバイオリン発表会の特徴 「大人の発表会ってどんな雰囲気なの?」 ご質問にお答えします。 出演者は大人の生徒さんのみ 大人の生徒さんが気兼ねなく弾けるように、お子さんの発表を同時に行っていません。 音楽を愛する大人の方が集う、温かい雰囲気の会です。 ソロとアンサンブルを楽しめる ソロのアンサンブルの演奏を発表していただけます。 演奏形態はご自由にお選びいただけます。 じっくりとご相談も伺います。 お客様は関係者のみ 生徒さん同士の温かい雰囲気の中で演奏できるように身内だけの小さな会にしています。 お客様はご家族、お友達など関係者のみとさせていただいています。 小さな会場 立派なホールでの発表会ではなく、小さな会場で行っています。 特別感が味わえるように会場の雰囲気にはこだわっています。 服装は少しかしこまったお気に入りの服で、後は自由 服装は様々な方がいらっしゃいます。 男性はスーツ、女性はワンピース、少しフォーマルな服など。 場が華やぐドレスも大歓迎です! 暗譜OR楽譜を見る【どちらでもOK】 大人の発表会は暗譜は自由にしています。 このような生徒さんは楽譜を置いて演奏される場合が多いです。 「緊張して真っ白になったらどうしよう」と不安の中で演奏したくない 暗譜はしているけど、楽譜があった方が落ち着いて演奏できる 暗譜は得意、不得意がありますので一番良いやり方で演奏してくださいね。 大人だから楽しめるバイオリン発表会 仲間の演奏に温かく耳を傾けられる姿が印象的です。 当日の発表は少し緊張しながらも、演奏後は「出演して良かった!」と言ってくださいます。 また他の生徒さんの良い所に目を向けて「勇気をもらいました!」と仰る姿も大人ならではだと思います。 子供の頃とは違った視点で、大人だからこそ楽しめるバイオリン発表会です。 と迷われている方は是非出演してくださいね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。