子どものレッスン

【バイオリン発表会】余裕のある練習計画 選曲~本番まで

バイオリン発表会 曲決め~本番まで 発表会までのおすすめの練習スケジュールをご紹介します。 ※導入期の生徒さんは曲自体が短いため、短めのスケジュールがお勧めです。 4カ月前【曲の提案、相談、決定】 曲を決めます。 曲を決めるポイントは次の通りです。 生徒さん側は日頃からどんな雰囲気の曲が好きか、次はどんな曲をやってみたいか意識しておくことがお勧めです。 弾きたい曲が具体的に浮かばない場合 好きな曲の雰囲気、イメージを教えてください。 生徒さんのレベルに合いそうな曲を何曲か提案します。 3か月前【譜読みを始める~譜読み完了】 曲が決まり、一か月かけて譜読みを始めます。 譜読みの作業で仕上げたいことはこのようなことです。 つっかえずに弾けることで生徒さん自身に余裕が生まれて、次の段階への進みやすくなります。 2カ月前【曲の表現を深める】 譜読みができて弾くことに余裕が生まれてきたら、曲の表現を深めていきます。 どんな雰囲気で弾きたいか、どんなイメージを持っているかで表現の工夫をしていきます。 このようなことで曲に色付けをしていきます。 曲に色付けをしていくことで、どんな風に弾きたいか、どんな表現がしたいか聞き手に伝わりやすくなります。 1カ月前【曲を暗譜する】 暗譜をしていきます。 このようなことに気を付けると良いでしょう。 ピアノと合わせると思いもよらないところで崩れる、ということがあるのでピアノのメロディーも意識して覚えることがお勧めです。 2~3週間前【お辞儀の練習・ドレスを着て練習】 本番に近づいてきました。 本番に近い状態でこのような練習をします。 発表会が初めてというお子さんは登場やお辞儀など念入りに練習しましょう。 ドレスで注意したいこと お子さんは衣装の着心地、弾きやすさも大切なのでチェックしておくことがおすすめです。 ドレスではこのようなトラブルが考えられます。 1週間前【ピアノ合わせ】 本番で一緒に弾いてくださるピアニストと合わせの練習をします。 講師も一緒なって、生徒さんがどんなふうに弾きたいかピアニストに伝えていきます。 ここでミスがあったらチャンスです! 本番までの一週間で練習をして、最終調整をしましょう。 バイオリン発表会【本番当日】 今までしっかり準備をしてきたので大丈夫! 先日はしっかり寝て、当日はご飯を食べて、当日の演奏を楽しんでくださいね。 バイオリン発表会で満足いく演奏をするためには 発表会では実力を発揮して、その日一番の演奏をしていただけたら嬉しいです。 そのためには事前の準備が大切です。 特に小さいお子さんはバイオリン演奏はもちろんのこと精神面のサポート、そして発表会はどのようなものかお話して頑張ってもらいます。 また、部活やテストで忙しい中学生の生徒さんは早めの準備で学校とバイオリンを上手に両立することがおすすめです。 発表会が良い一日になるようにそれぞれの目標に向かって頑張りましょう! 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のバイオリン】ヤマハのレンタルがおすすめ

ヤマハで子供用バイオリンのお得なレンタルプランが始まりました。 バイオリンレンタルはこのような方にお勧めです。 今回は月々1800円で気軽に利用できるヤマハの分数バイオリンレンタルをご紹介します。 分数バイオリンレンタル比較表 現在のバイオリンレンタルではヤマハが最安値です。 ヤマハ音レント 1800円 A社 2800円 B社 3500円 C社 3800円 D社 6000円 ヤマハのバイオリンレンタル「音レント」 ヤマハのバイオリンレンタルサービス「音レント」で分数バイオリン定額プランについて。 レンタル期間 3か月~ 利用料金 月々1800円(税抜き) 初回登録料 2000円(税抜き) サイズ交換 子供用~大人バイオリンまでサイズ交換OK! 配送 自宅配送。お届け時はヤマハ負担、返却送料は利用者負担。 取り扱い楽器 バイオリンの品番、新品、中古の指定はできない。サイズ指定のみ可能。 申し込み方法 WEB限定申し込み ヤマハの音レント「分数バイオリンプラン」 最大の特徴は、プランの利用中に分数サイズからフルサイズまでのサイズ交換が可能なところ。 途中で体が大きくなってサイズが合わなくなってしまった時も、サイズ交換ができるので安心です。 WEB限定の特別プランです! ↓詳細は下記ボタンをクリックしてください↓ 音レントはヤマハの高品質のバイオリンを低価格でレンタルできることがポイントです。 バイオリンレンタル費用を計算 ヤマハの分数バイオリンレンタル(月々1800円)でかかる費用を計算してみます。 使用期間 値段 3か月 5400円 6か月 10800円 12か月 21600円 18か月 32400円 24か月 43200円 楽器を購入した場合、購入価格はこのようになります。 カルロジョルダーノ→ 25000円 ニコロサンティ→ 39800円 ヤマハのV5SC→ 57000円 […]

【想像力を広げる経験】イメージすることの楽しさ!

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 バイオリンの魅力は豊かな音色でイメージした音を情景に乗せて表現しやすいところ。 レッスンでは演奏を通して想像力を刺激し、イメージを豊かに膨らませる楽しさを経験していきます。 今回は「想像力」をテーマにレッスンで大切にしていることをご紹介します。 想像力を引き出す問いかけ ある日のお子さんのレッスン。 今日のレッスンのテーマは「ラ」の音。 ただ弾くだけでなく、「ラ」のに彩を加えて表現を楽しみます。 「お子さん自身のイメージ」を引き出し広げていきます。 例えばこのようなお声がけをします。 表現を押し付けるのではく、お子さん自身が持つ想像力を引き出すことを心がけています。 様々な場面を想像しながら弾くと、音色がガラッと変わります。 演奏を通してイメージすることの面白さを経験していきます。 バイオリンを通して育む想像力 バイオリンのレッスンでは音楽の感情の変化を考えたり、こんな風に弾いたら面白いかな?きれいかな?と工夫します。 様々な情景を想像し、楽しみ、イメージを音で伝えること。 試行錯誤していくことで想像力が鍛えられます。 想像力を鍛えるメリット 想像力を鍛えることで得られるメリットは多くあります。 想像力はお子さんが大きくなってからも、音楽以外の様々な場面で役に立ちます。 生徒さんには自由な発想で物事をとらえ、柔軟に物事を考えられるようになってほしいと思っています。 音楽を味わい、想像力を膨らませる体験 レッスンではお子さんの想像力を引き出す質問をたくさん投げかけます。 時には一緒に物語を作ったり、絵をかいたりします。 想像力を膨らませながら、音楽を味わうこと。 相手の喜ぶ顔を想像して演奏を楽しむこと。 バイオリンを通した音楽体験で、無限に広がる想像力を伸ばします。

【子どものレッスン】一人で練習ができるようになるコツ

このようなおうち練習のお悩みありませんか? 今回は一人で練習できるようになるサポートの方法をご紹介します。 ヒントになれば嬉しいです。 一人で練習できない理由 「できないとすぐに練習をやめてしまう」 お家練習あるあるですよね。 こうなってしまう理由はどうやって練習を取り組んだら良いか分からないから。 その日の練習の具体的な目標(ゴール)があると頑張り方が分かりスムーズに取り組めます。 その日の練習の目標(ゴール)があると頑張れる 練習の前にお子さんと一緒に「その日の目標を決める声がけ」を是非してみてください。 たとえばこのような感じです。 具体的に目標を決めてしまうと、頑張り方が分かり一人で練習しやすくなります。 練習後の声掛けでモチベーションアップ! 練習が終わったら声がけをするとモチベーションアップに繋がります。 興味を持ってもらっているということは、お子さんにとって嬉しいことです。 「応援しているよ!」という姿勢が伝わればきっと「また頑張ろう!」と思ってくれます。 間違った練習をしていたら・・・ 一人で練習をしていると間違ったことを弾いていることもあります。 そのような時はそのままレッスンに来てくだされば大丈夫です! レッスンは成果を見せて改善する場所。 お子さんにやり方をお教えします。 そういった経験も自立への一歩に繋がります。 一人での練習は自立への第一歩 最初から一人で色々なことを考えながら練習できるお子さんはなかなかいません。 一人で練習できるようになるまで回り道が多いように感じるかもしれませんがそれも含めて自立への一歩に繋がります。 ゆっくり、でもしっかりと一歩を歩めるようにサポートさせていただきます! 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のバイオリン練習】習慣化がおすすめ

音楽のお稽古は日々の積み重ねと、お家の練習がかかせないもの。 練習に関してこのようなお悩みはありませんか? お家の練習の習慣化にはコツがあります。 今回は習慣化のヒントをお伝えします。 ご参考になれば幸いです。 少しの時間でも毎日バイオリンを触る 小さいお子さんは上達させることよりも、まず毎日の練習習慣をつけることがおすすめです。 最初のうちは練習時間は5分もあれば十分です。 長時間の練習を週に数回よりも、少しの時間でも良いので毎日練習することが大切です。 練習習慣が身に付くと自分から練習してくれるようになり、将来保護者の方の負担がグッと減ります。 バイオリンの練習を生活リズムに取り入れる 時計が読めない小さいお子さんでも理解できるように、日々の習慣とバイオリンの練習をセットにすると良いです。 例えばこのような感じです。 これだと小さなお子さんにも理解しやすいですし、生活リズムの中に組み入れて習慣化しやすいです。 ママが管理するのではなく、お子さん自身が練習を意識できる仕組みがあれば楽です。 バイオリンの練習をしやすい環境を作る お子さんが「練習しよう」と思えた時にスッと練習できる環境が作られていることも練習に繋がるポイントです。 例えばこのような環境がお勧めです。 すぐに取り掛かれるような環境を整えておくと途中で心変わりしにくいです。 また気が散らないように静かな環境にしておくのも良いです。 声がけはポジティブに 「練習しなさい!」以外の言葉で練習を促していただくことがお勧めです。 例えばこのような感じです。 ポジティブなお声がけしていただけると嬉しいです。 バイオリンの練習を嫌がる時は関わり方を変える 丁寧に優しく声をかけても「練習嫌だ!」と言われること、きっとありますよね。 そんな時は無理に練習をさせないでできることをしましょう。 例えばこのようなことです。 どれか一つでもいいですし、気分が乗ってきたらバイオリンの練習をしてもOKです! 続けるってすごいこと!バイオリンを弾けると親子で嬉しい! まずは短い時間でも良いので毎日バイオリンに触れて練習習慣を身につけましょう。 といっても少しの練習をさせるために声がけをしたり、テレビを消して練習しやすい環境を作ったり、機嫌を損ねたらグズグズに付き合って・・・。 きっと5分以上の時間がかかっているのだろうと想像しています。 日頃の練習にご協力くださるお家の方には本当に感謝しかありません。 続けることは、とてもパワーがいりますが大切に育てた芽はきっと大きな花になります。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供のレッスン】一人ひとりの「分からない」に向き合うこと

お子さんのレッスンではこのようなことがよくあります。 こんな時、親御さんは「家で練習頑張ったのに・・・」ガッカリしてしまうことがあるかもしれません。 理解の速い大人と違い、「昨日できたことが今日できない。」は幼いお子さんにはよくあることです。 それにレッスンで100%の力を発揮するのは大人でも難しいこと。 では大人はお子さんの「できない、わからない」をどのようにサポートすると良いでしょうか。 今日はレッスンの心構え、お子さんとの向き合い方について解説していきます。 レッスンは「分からない」を解決する場所! レッスンは「分からない」を解決するところなので分からなくて当然です。 このような時、お子さんは本当に「分からない」のです。 大人が叱ってしまうとますます委縮してしまうので、レッスンでは「分からない」ということを認めて受け止めるようにしています。 なぜ分からないか、どういうアプローチが良いか考えつつお子さんの理解をサポートしています。 レッスンで心がけていること 「お子さんの分からない」を受け止めた上で次のようなことを心がけています。 できなければもう一度教えて、どうやったらいいか一緒に考えます。 明るい表情で、簡単な言葉を使ってお伝えすることを心がけています。 大人の分かりやすい話し方で、「聞き入れる姿勢」になってくれることが多いです。 年齢に合わせた教え方を気を付けています。 「怒ること」で委縮させない 怒ると子供は必要以上に委縮してしまい、「怒られないこと」が目的になってしまいます。 大人も人から教わる時に怒られると、必要以上に委縮してしまいますよね? 「怒られないように」と考えるとますます身体が強張ってしまった、と経験は一度はあると思います。 お子さんには「失敗が怖い」という記憶を持ってほしくありません。 失敗を責めない、もう一度やり方を教えることを心がけています。 【失敗を通して自立を目指す】「分からない」を「できた」に。 大人の役割は、子供が一人で考えて工夫して、自分できるよう手助けをすること。 できない時、分からない時は成長のチャンスです。 レッスンでは、「どうやったらできるかな?」と問いかけます。 できた時は褒めて終わらず、「何に気を付けて弾いたの?」と問いかけて次の成功体験に繋げます。 「分からない」にぶつかった時は、やり方と考え方を教えて働きかけることが大人にできることです。 「失敗しても分からなくても大丈夫、どうやったらできるか考えればいいんだよ。」 私自身、お子さんのレッスンを通して自分に言い聞かせている言葉です。 お子さんのチャレンジする姿勢から、多くのことを学ばせていただいております。

【子供のレッスン】お家での練習はメリットがいっぱい

音楽の習い事を始めようとする親御さんはこのようなご不安はありませんか? 答えは、お家での練習をお願いしています。 しかし、お家で練習できるか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お家での練習が必要な理由 お子さんは新しいことをスポンジのように吸収していきますが、忘れてしまうのも早いです。 できたことを定着させるためにお家での練習をお願いしています。 レッスンでできたことをお家で定着させる 「レッスンで楽器を触れて楽しむ」こともレッスンの在り方の一つとしてありかもしれません。 しかしそれだとバイオリンはなかなか弾けるようになりません。 練習しないとこのような悪循環が起きます。 このようなことを避けて、楽しく弾けるようになるために練習は必要と考えます。 でも、練習できるか不安・・・ とはいうものの、 音楽をやったことがない バイオリンを弾いたことがない という親御さんはどんな風に練習させたら良いか分からず不安ですよね。 レッスンでは練習の方法をお教えしています! 音楽未経験という保護者の方もご安心ください。 レッスンでは「ここやってきてくださいね」と丸投げにせずに、「こういう方法で、こういう順序でやってきてくださいね。」とかなり具体的にお伝えしています。 レッスン中の様子をスマートフォンで撮っていただくこともOKです! お子さん自身、実際のレッスンの動画を見て復習すると素直に受け入れられるようです。 宿題は1~2か所だけ レッスンでの課題は1~2箇所だけ。 お子さんと親御さんに負担が掛かりすぎないように、ポイントを絞ってアドバイスをしています。 練習することで得られる最大のメリット 練習のメリットは「バイオリンが好きになる」ことです。 お家と教室のレッスンを連携させて良い循環にもっていきましょう。 どのようなことでもご相談ください♪ 当教室はバイオリン未経験の親御さんばかりです。 お子さんがバイオリンを弾けて楽しめるように、練習方法などもアドバイスさせていただきます。 楽しく弾ける!を目指していきましょう♪ 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【アンサンブルセミナー】楽しく、濃い時間になりました♪

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 12月20日クリスマスアンサンブルセミナーを行いました。 小学2年生から大人の方までご参加いただきありがとうございました。 本日は生徒さんのご感想、演奏動画をご紹介いたします。 演奏の紹介 今回は冬をテーマにした次の2曲を取り組みました。 ジングルベル ヴィヴァルディの四季より「冬」 ジングルベル 3つのパートに分けて演奏しました。 子どもの生徒さんの元気な音色に大人の生徒さんが優しく寄り添いました。 ヴィヴァルディ作曲  「四季」より冬 第2楽章 2つのパートに分けて演奏しました。 中学生の生徒さんが始まりの合図を呼吸でしてくださいました。 生徒さんのご感想 アンサンブルセミナーご参加いただきありがとうございました。 換気や消毒など感染症対策に気を付けてアンサンブルを楽しみました。 呼吸を合わせること、周りの音をよく聞くこと、パートごとの役割で音を工夫すること。 いつもの個別レッスンとは違った観点でレッスンをさせていただきました。 アンサンブルが生徒さんにとって身近なものなるよう、これからも定期的にアンサンブルセミナーを続けてゆきたいと思います。