子どものレッスン

【おすすめ】バイオリンのコンサートでレッスンをさらに楽しく!

バイオリンは弾くだけでなく、コンサートに通う楽しみもあります。 実際に生徒さんはバイオリンファンの方がとても多く、コンサートを楽しまれている様子を頻繁に伺います。 今回は一度は行きたい、誰もが楽しめるコンサートをご紹介します! おすすめのバイオリンコンサート おすすめのコンサートをご紹介します。 演奏はもちろんのことトークも楽しいコンサートです。 葉加瀬太郎さん 高嶋ちさ子さん 古澤巌さん TSUKEMENさん 川井郁子さん 高松あいさん 久石譲さん(オーケストラ) ディズニー・オン・クラシック(オーケストラ) 楽しい演出と曲目のコンサートが増えバイオリンがとても身近な楽器になりました。 子供向けのコンサート お子さんの楽しめるコンサートも全国で数多く行われています。 0歳でも楽しめる子供向けコンサートは全国各地で行われているので行ってみられてはいかがでしょうか? 小さい時から気軽にコンサートに行くことは、大きくなってからも音楽を愛する心を育てます。 コンサートに着ていく服装 ドレスコードはありません。 お気に入りの服で演奏を聴いて特別な一日を過ごすのもおすすめです。 気分を盛り上げてくれるお気に入りの服 リラックスして聴ける服 特別な一日を味わえる優雅な服 小さなお子さんがドレスアップしてコンサートを聴く姿も可愛いです。 バイオリンが弾けるとコンサートがもっと楽しくなる! 自分でバイオリンが弾けると、コンサートで楽しめる要素が増えます。 こんな曲が弾きたい! こんな風な音を出したい 上手な人の演奏は弓の持ち方、姿勢など見ているだけで楽しい 生の演奏を聴くとイメージが膨らむ! 目標ができる 癒される、元気が出る ますますバイオリンが好きになった! このように仰る生徒さんの多いこと! 聞くだけでなく弾けるとバイオリンの楽しみ方がますます多彩になります。 ぜひ様々なコンサートで生の音に触れて、よりバイオリンを楽しみましょう! きっと音楽の世界が広がります。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【4歳のバイオリン】集中力を保つかかわり方

4歳、5歳、6歳の小さなお子さんの親御様、習い事を始めるにあたって次のようなご心配はありませんか? 子供の集中力が途切れないか心配。 ふざけてしまわないだろうか。 習い事の時間、きちんと過ごせるか不安。 レッスンでは次のようなことを心がけています。 お子さんの集中力に考慮した取り組み お子さん主体のレッスン いきなり難しいことをさせない 以上を詳しく掘り下げていきます。 (1)お子さんの集中力を考慮した取り組み 心と体が未熟な子供は集中力が持続し辛く、集中力は「年齢+1分」と言われています。 4歳なら5分、5歳なら6分程度が集中力の目安です。 幼児向けのテレビ番組は短いものが多いですが、子供の集中力を考慮して制作されています。 お子さんの習い事も、集中力が持続するように指導の引き出しを多く持つことが充実したレッスンに繋がると考えます。 4歳さんのレッスンの流れの例 バイオリンを持つ練習 ラの音を鳴らす 先生と一緒にリズムをまねっこ 丸を書く練習 お歌を歌う レッスンでの一つの活動は4~5分という短い時間です。 色々な活動をすることで飽きずに無理なく集中することができます。 6歳ぐらいになると徐々に一つのことに集中できる時間が増えますのでバイオリンのお稽古の比重も増えていきます。 (2)お子さん主体のレッスンであること 小さいお子さんは「集中しようね。」と働きかけるだけでは、なかなか集中をしてくれません。 集中してもらうために、子供の興味を引き目線に合わせた指導が必要です。 リズムに興味がある 数に興味がある 音符の形に興味ある バイオリンの音をママに聞いてもらいたい 興味のないことを無理にさせるよりも、好きなことや興味を持っていることをさせた方が集中して取り組めます。 興味のあることを伸ばしているうちに、他のことにも取り組みたい気持ちが芽生えてきます。 お子さんのやりたい気持ちを汲み取った気長な指導が大切です。 (3)いきなり難しいことをさせない 「難しいこと」「できないこと」に拒否反応を起こすお子さんは多いです。 新しい取り組みは、できるだけ簡単にできるように小さなステップを設けて達成感を積めるようにしています。 できる瞬間は楽しいですし、集中力を発揮してくれます。 たとえば新しい曲をするときはいきなりバイオリンを持って弾きません。 まずはお歌を歌ったり、リズム叩きなどで体に音楽を染み込ませます。 「お歌を元気に歌えたね!」 「リズムもできたね!」 「じゃあバイオリンで弾いてみようか!」 小さなステップを積み重ねるから達成感を感じられて、集中力を発揮できます。 【結論】お子さんの集中力を引き出し、成長に寄り添うレッスンを。 小さなお子さんは心や体の発達が未熟なため、最初のうちは一つのことを長時間集中することは難しいかもしれません。 しかしレッスンの中で「できたよ、楽しいね!」という経験を積んでいくうちに自信になり、集中して物事に取り組めるようになります。 集中力はこの先もずっと必要になる力です。 お子さんに寄り添い、親御さんと一緒により良いレッスンを作っていければと思っています。 レッスンがお子さんの成長を喜べる幸せな時間になりますように。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

最後のレッスンの日。9年間で変わったこと。

9年間通っていた音楽教室の最後のレッスンが終わりました。 出会いがあれば別れもある、と言いますが寂しいものは寂しいです。 9年習ってくださった生徒さんが6人、5年の生徒さんは4人。 みなさん本当に長い間お世話になりました。 素敵な生徒さんに恵まれました オーラストラのオーディション(音階や曲)を突破し、頑張っておられる中学生の生徒さん。 9年の間に結婚されてパパになり、そのお子さんもバイオリンを習うことになった生徒さん。 バイオリンを通して多くの仲間ができた生徒さん 「楽譜も読めなかった自分がバイオリンを頑張れたことが財産になっています」と仰る生徒さん 「先生じゃなかったら9年も続かなかった」と仰る生徒さん レッスンがある週末が楽しみで仕事を頑張れたと仰る生徒さん。 バイオリンが好きだけど近所の方には照れ隠しで「ボケ防止でバイオリンを始めたと言っていたのですよ」とはにかみながら仰る生徒さん たくさんの素敵な生徒さんに恵まれて、多くのことを学ばせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。 最後のレッスンで弾いた曲 最後のレッスンではこのような曲をしました。 ヴィヴァルディのコンチェルト タイスの瞑想曲 ヴィヴァルディのドッペルコンチェルト リベルタンゴ 情熱大陸 主よ人の望みの喜びよ みなさん、それぞれ目標の曲を弾けるようになりました。 これからも様々な曲との出会いがあることと思います😊 基礎を大切にしたレッスン すでに新しいバイオリン教室の体験レッスンを受けられている生徒さんもいらっしゃり、「基礎ができていると褒めてもらえました!」と報告していただき私まで嬉しい気持ちに・・・ バイオリンを長く楽しむ上で基礎はとっても大切。 生徒さん一人一人がそれぞれの歩みで成長してくださったと思います。 9年間ありがとうございました 1年半前にお辞めになった生徒さんもサプライズで来てくださり、寂しいけれど、嬉しい最後のレッスンになりました。 教室スタッフの方々にも本当に良くしていただきました。 音楽、バイオリンを通じて再会できる日がくると思っています。 9年間ありがとうございました。

【子供のやる気を引き出すために】レッスンで心がけている3つこと

レッスンで最も大切にしていることは、生徒さんの「やる気」を引き出すこと。 今回はお子さんのやる気引き出すため心がけていることをご紹介します。 レッスンを楽しむために。教室の取り組み (1)小さな成功体験を積み重ねる 小さなステップを積み重ねて、成功体験を積み重ねていきます。 小さいお子さんほど難しいこと、できないことを嫌がります。 難しいことを時間をかけてやるよりも、1つの課題をできるだけ簡単に噛みくだくことを心がけています。 簡単なことをたくさんクリアすることで、無理なく難しいことを乗り越えられるようになります。 成功体験の積み重ねは自信になります。 (2)頑張りを認める。チャレンジを応援する声掛け 失敗をした時「なんでできないの?」と責めると 「失敗は怖い」「どうせ私なんかできないんだ」という思いを持つようになります。 失敗した時のお子さんの気持ちを理解して、解決方法を一緒に探すこと大人の務めだと思います。 まずはチャレンジしたことを「頑張ったね」と認める。 そして「できるようにするためにはどうしたらいいかな?」と一緒に試行錯誤することが大切だと考えます。 失敗を怖がらず、のびのびとレッスンでチャレンジできるよう温かい声がけを行っています。 (3)楽譜を読む力を育てる 自分で楽譜を理解して読めると、やる気を持って新しい曲に取り組めるようになります。 そのためにバイオリンだけでなく、お歌やリズムゲーム、音楽ワークなど様々なことを取り組んでいます。 お歌は講師のピアノ伴奏に合わせたり、バイオリンの生の音に合わせて歌います。 リズムは手拍子やバイオリンで表現します。 まとめ レッスンではお子さん自身のやる気を引き出す指導を心がけています。 小さな成功体験を積み重ねる 頑張りを認める。チャレンジを応援する声掛け 楽譜を読む力を育てる バイオリンの技術だけでなく、心の成長もサポートできればと思っています。 「できた!」を積み重ねて自分の力でバイオリンを弾けることが自信になるレッスンです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

楽譜を読む力は音楽を楽しむ力に

一人で音符を読めるように 当教室では導入期から楽譜を読む練習に力をいれています。 楽器を習ったら自然に身に付くんじゃないの?と思われがちですが意識しないと身に付きません。 簡単な導入期に耳コピする癖がついてしまい全然楽譜が読めないまま先に進んでしまった、 なんていう話をよく聞きませんか? 楽譜が読める→ずっと音楽を楽しめる 楽譜を読む力は、音楽的自立にも繋がり生涯音楽を楽しめます。 小さいお子様でも楽譜が読めるように、簡単で分かりやすい指導をしています。 ①リズムと仲良くなろう リズムを声に出して、手を叩くことで楽しく素早く身に付きます。 ②色々な音符があるよ 導入期は音符にはどんな形があるか学びます。 上下が分かるようになったら、ドレミを歌って覚えます。 ③バイオリンの曲も歌ってみよう いきなり楽譜を前に弾くことは難しいので、まずは楽器を置いて歌う練習からです。 身体と頭でリズムとメロディーを理解し、歌えたら、必ず弾けます。 読譜力を付けるために、導入期のレッスンで楽譜を読む癖をつけることが大切です。 自分で楽譜を読む力があれば、将来楽譜を読んで自由に音楽を楽しむことができます。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

バイオリンが好き!子供のやる気を育てるレッスン。

小さなころから、好きなことや打ち込めることを持っているのは素敵なことですね。 レッスンではバイオリンが「好きなこと」になるように、 お子さんの好奇心・やる気 を育てるレッスンを心がけています。 今回は子供のレッスンで大切にしていることをご紹介します。 子供の集中力を考慮したレッスン 小さいお子さんは大人と違って集中力を長く保てません。 「集中しなさい!」と注意するよりも、 お子さんが集中できる・頑張れるレッスン を考えることを大切にしています。 レッスンではお子さんの短い集中力を最大限に発揮できるようにバイオリンだけでなく、お歌、リズム、ワークなど短い活動を取り組みます。 一つ一つの取り組みを集中して頑張れるので、 リズムができた 音符が読めた 自分で楽譜を読んでお歌が歌えた とたった30分のレッスンでたくさんの成功体験を積み重ね自信になります。 集中力がついてくるとバイオリンの時間も長く取り組めるようになります。 バイオリン以外のことも学べるレッスン レッスンではバイオリンだけでなく、楽譜やリズム、音感に繋がることを楽しく学びます。 お歌やリズム打ち、音符カード、お絵かきなどお子さんの興味を広げながら音楽の基礎を作ります。 自分で楽譜を読めると嬉しく自信になりますし、 もっと色々な曲を弾きたい! とやる気に繋がります。 いっぱい褒める、認める レッスンでは叱ってできるようにするのではなく、良いところを褒めて認めることを心がけています。 大人も仕事や家事で認められると嬉しいし、次も工夫してやってみようと前向きな気持ちになると思います。 子供も同じで褒められると 次も工夫して頑張れるようになります。 お家でもレッスンで良かったこと、頑張ったことをいっぱい褒めていただけると嬉しいです。 バイオリンが好きな気持ちを育てる 好きなメロディーをバイオリンで奏で、それを周りの人が喜び、褒めてくれる。 そういったことを繰り返すことで、上達します。 「バイオリンって楽しい!」という前向きな気持ちが良い循環になります。