【保護者の役割は?】お子さんの良き理解者、音楽仲間でいること

こんにちは!

滋賀県甲賀市のバイオリン教室の保井佐弥です。

今回はレッスンにおける保護者の役割についてお話してみたいと思います。

お子さんとの関わり方のお悩み、ありませんか?

バイオリンなどの音楽系の習い事は自宅での練習が必須ですが、お子さんとの関わり方にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

「注意をすると反発する。」

「家で練習に付き添うことに疲れてしまった。」

お子さんの練習に付き添うと喧嘩になってしまい、お家での関わり方に悩む保護者様も少なくありません。

保護者は先生役にならなくて大丈夫

お家での練習に付き添っていると

「先生に言われたことをきちんとさせないと・・・」

「できないと先生に失礼では?」

と責任を感じることがあるかもしれません。

このような姿勢も必要かもしれませんが、喧嘩をするまでお子さんを追い込むことは、あまりおすすめしません。

先生役になっていただく必要もありません

あくまでも保護者は保護者として、お子さんの良き理解者お手伝い役であってほしいと思います。

お子さんにしていただきたいサポート

ではどのようにサポートをしたらよいか?

保護者の皆さんには褒める、練習の声がけ、環境面を整えるということをお願いしたいと思っています。

練習中はサポート役に。少しでもできたら大げさに褒める!

練習中、最も大切なことはどんな小さな変化でも褒めること。

頑張っていること、良い所をどんどん伝えて「練習って良いことなんだ」という気持ちを育てていきましょう。

そして、できていないところに目が向くと思いますが、そこは教室にお任せください。

本人がちゃんとやらなかった結果はレッスンででますし、何よりも本人が弾けなくて悔しいと気付くと練習するようになります。

関連記事:バイオリンは好き!でも練習嫌い?【子供が考えていること】

練習の習慣を作るための声がけ

練習のきっかけを作れるように、声がけはお願いします。

「一緒に練習しよう!」や「バイオリンの音聞きたいな」などお子さんが前向きになる言葉がおすすめです。

また、練習を習慣化すると自分から練習するようになります。

例えば晩御飯の前に練習、おやつの前に練習など楽しいことの前にやるのがおすすめです。

時折、「声がけしないと練習しない」と仰る保護者がおられますが、声がけしてできているなら100点です!

関連記事:子供のバイオリン練習】習慣化のコツ 5選

練習しやすい環境を作る

練習しやすい環境を整えて、バイオリンの練習に向けて気持ちの切り替えができるようにお手伝いをお願いします。

・テレビやゲームの音を消す。

・おもちゃを片付けて気が散らないようにする。

楽器の準備中に気が変わらないように、出して用意しておくのも良いと思います。

関連記事:【バイオリン練習】やる気スイッチを入れる声がけのコツ


このように環境面を整えたり、好きな気持ちややる気を育てる声がけしてくださるととても助かります。

お子さんに関心を持って接してくださることで、本当に良い方向に向かっていきます。

保護者がたくさん褒めてくださる生徒さんのお話

保護者の方が関心を持って、褒めることがやる気に繋がります。

ある小学生の生徒さんは、

「お母さんが良くなったって褒めてくれて、お父さんはバイオリンを聴いてくれた」

とニコニコしながら報告してくれました。

ご両親がお子さんに関心を持ち、良い所を褒めてくださっているのです。

お家で頑張りを認めてもらっている生徒さんは、レッスンで多少厳しいことを言ってもしっかり受け止めて頑張ってくれます。

いつも前向きに指摘を受け入れて生き生きと頑張ってくださいます。

保護者、指導者それぞれの役割

私は保護者が先生役になってお家で指導する必要はないと考えています。

一番身近な存在だからこそ良き理解者、サポート役であってほしいです。

保護者の役割。

指導者の役割。

それぞれ分担してお子さんにとって一番良い方法を見極めて見守っていきたいですね。

バイオリンが好きな気持ち、やる気を一緒に育てていきましょう。

お家での様子もぜひ教えてくださいね。

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

体験レッスン・お問合せ

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

教室アクセス

その他の問い合わせもこちらからどうぞ♪