リズムへの苦手意識ありませんか?リズムや拍子の取り方を学ぼう

初めて習うバイオリン。

もちろん楽譜を読む経験も初めて

ドレミや指の抑え方は一生懸命に覚えたけれど・・・

楽譜を目の前にするとリズムが分からず、思うように弾けないんです・・・。

このようにリズムに苦手意識はありませんか?

リズムでお悩みの方は意外と多いのですが、大人も子供もリズム感は必ず良くなります

今回はリズムの練習方法、おすすめの教材についてお伝えします。

楽譜を読むために【生徒さんの取り組み】

こちらの生徒さんはリズムへの苦手意識をお持ちでしたが、練習を重ねてメキメキと良くなってきました!

リズムや拍、拍子の取り方がとても自然です。

リズム練習の際のポイントは、メトロノームに合わせて行うこと。

正しい拍に合わせることで、正確にリズムを刻めるようになります。

また、リズムを「ターティティ」などの言葉にして、パターンで覚えて、自分で叩けるようにします。

訓練していくと、曲で同じリズムが出てきた時に「これわかる!」というシーンが増えていきます。

リズム感を鍛えるとこんなに良いことがある!

リズムが取れるようになると楽譜が読めるようになるだけでなく、音楽が安定して演奏がしやすくなります

またアンサンブルやオーケストラなど仲間と演奏する時も、正確にリズムが取れていると音楽が美しくまとまります。

ある大人の生徒さんはリズム練習を始めてから、アンサンブルで合わせることがとても上手になりました。

身体でリズムを感じて、音楽に乗る感覚を味わうと表現する楽しさが倍増するはずです!

リズムの強化にお勧めの教材

丸子あかねさんの「リズムの本」シリーズをお勧めしています。

次のような点を気に入って使用しています。

  • スモールステップで無理がなく、分かりやすい
  • リズムだけでなく拍子の取り方も理解できる
  • 短いので気軽に取り組める

簡単でシンプルな内容ですが確実に力が付きます

1回の練習は5分もあれば十分にできる内容です。

ドレミは読めるけど、リズムが上手く決まらない、と困っている方にお勧めの教材です。

レッスンで使ってみたいという方はお気軽にお声がけください♪

リズム感は誰でも鍛えられる

いかがだったでしょうか?

実は大人の生徒さんから「リズム感がないんです」とご相談いただくことが多く、今回この記事を書かせていただきました。

リズム感は大人になってからでも、コツコツ練習を重ねていけば必ず鍛えることができます。

そして音楽を奏でることがますます楽しくなるでしょう。

レッスンでリズムの練習を取り入れてみたい、という方はお気軽にお声がけくださいね。

滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

「楽譜はなぜ読めたほうがいい?」「耳コピはダメ?」「効率的な身につけ方は?」楽譜にまつわるあらゆる疑問が解決できる本です。

体験レッスン・お問合せ

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

教室アクセス

その他の問い合わせもこちらからどうぞ♪