小さいお子さんが一人で練習するには?

入会されて半年の小2の生徒さん。 1年生のレッスンスタート時からお家での練習は一人でされています。 お家の方と一緒に練習しているお子さんに比べて進度はゆっくりかもしれませんが、 ・ワークやリズムなどどんどん先を予習したり、・自分の力で楽譜を読んで歌ったり、 自分の力で進んでおられます。 お子さんが一人で練習するために大切なこと 小さなお子さんが一人で練習するために大切なことは ★本人が取り組める量で、 ★少し頑張ったらできそうなこと取り組むこと。 例えば楽譜を読む練習では簡単な音読みやリズム叩きをするなど「自分で楽譜を読めた」という経験を積み重ねます。 バイオリンではいきなり曲を弾くのではなく弓の動かしだけを取り組みます。   簡単すぎても上達に繋がらないですし、難しすぎると嫌になるので匙加減が大切です。 目指したいのは少し難しいけど頑張ったらできる! 頑張る力も伸ばしていきます。 関心を持って見守る こちらの生徒さんは保護者の方の関わり方もお上手で関心を持って見守ってくださっています。 練習習慣を作るサポートをしてくださったり、「今週はこんなことを頑張っていました」と褒めておられることも素敵です。 しかし言うは易く行うは難しで、ちょうど良い距離感で見守ることは簡単なことではありません。 練習の内容に深く介入すると喧嘩の原因になりやすいので、 など「練習内容」以外でのサポートをしていただけたらと思いますm(__)m 特に先生とお家での様子を共有できると、宿題の量やレッスンの構成など工夫しやすいのでおすすめです! ご家庭と連携を取りながら お子さんが一人で練習しているとレッスンで言われたことを忘れてしまったり、練習のやり方が分からなくなることがあると思います。 どんなことが大変だったかな?こうやったらお家でもできるかな?と レッスンでの様子を拝見してお子さんの理解、性格に合わせて宿題を出しています。 もちろん ・ご家庭の方針・お子さんの性格や発達・親子関係 によって様々なやり方があります。 ご家庭と連携を取りながら上達して弾く幸せを感じられたら素敵なことだと思います。 おまけの話 リズムワークが修了した日のレッスン。 最後に私のサインを書こうと最後のページをめくると、すでに生徒さん自ら名前を書いてくださっていました! この日に合格できるように一人で予習されていたようでした☺️ 自分で目標を立てて頑張っている姿が目に浮かび、とても嬉しくなりました。

バイオリンで深まる親子の時間

こんにちは、滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です。 先日、新たに親子レッスンがスタートしました。 事の発端は子供の生徒さんが「お母さんも一緒にバイオリンを習えますか?」と聞いてくださったこと。 実は1年前から「お母さんも一緒に習えたらいいな」と気持ちを温めていたそうです。 初回のレッスンはお子さんも付き添ってくださり、教室に入ってきた瞬間からニコニコと嬉しそうな笑顔! 「お母さんと一緒に楽器ができたら楽しいだろうな。」 「次の発表会ではこんな曲を一緒に弾いてみたいな。」 …なんて想像するとワクワクしますよね。 実際にレッスンを受けて気が付いたこと 初回レッスンでは弓の持ち方、楽器の構え方、音の鳴らし方などバイオリンのイロハを学んでいただきました。 日頃からお子さんのレッスンを見学されていたので、細かいところも注意しながらスムーズにレッスンが進みました。 その一方で、「思っていた以上に難しい!見るのと、実際に弾くのは違います。〇〇(お子さん)は凄いなぁ〜」 と改めてお子さんの努力に感心されていました。 このようなちょっとした気付きが、「もっと頑張ろう、もっとお母さんをびっくりさせよう!」とやる気のキッカケになるのですよね。 お母様の何気ない一言に、はにかみつつもとても嬉しそうな生徒さんでした。 親子レッスンでモチベーションが続き、バイオリンの世界が広がる 親子でバイオリンを習うと共通の話題がたくさん生まれます。 例えば、「この曲のここ難しいよね」「あの曲かっこいいよね」「こんな技を教えてもらった!」など。 バイオリンを習っているからこそ生まれる会話ですね。 対等な立場で一緒にバイオリンのことを話せる相手が身近にいるとお互いにモチベーションに繋がります。 また、習っているからこそ分かる苦労も理解ができるので、親子で良い距離感で接することができます。 そしてできるようになった時の感動もより一層深く、自分のことのように嬉しいものです。 親子レッスンは一番身近な仲間であるお子さんと切磋琢磨しながら、バイオリンの世界が広がる喜びがあります。 親子で、姉妹で頑張る生徒さん! 今回ご紹介した生徒さん以外にも親子や姉妹で頑張る生徒さんがおられます。 こちらはお父様とお嬢さん。(お父様はチェロも弾かれるのです!) お姉さん&妹さん。 お母様&お嬢さん。 こうやって音楽の輪が広がっていくこと、本当に嬉しく思っています。 生徒さんのバイオリンの音色を聴いていると「家族っていいな、音楽っていいな。」と心がジーンと暖かくなります。 親子の時間がますます充実するよう、バイオリンレッスンを通してたくさんお手伝いができれば幸いです。 滋賀県甲賀市の音楽教室、やすいバイオリン教室でした。

「バイオリンが好き」と「練習が楽しい」を繋げよう!

こんにちは、滋賀県甲賀市の音楽教室やすいバイオリン教室です。 当教室の生徒さんはお子さんも大人の方もバイオリンが好き、音楽が好きな方ばかり。 皆さん自分の意思で習ってくださっているので粘り強く、たとえゆっくりでも必ず上達されます。 つっかえたり、間違えても一生懸命さや音へのこだわりが伝わりますし、どう弾きたいか演奏から伝わってくるものがあります。 バイオリンは好きだけど・・・ ただしバイオリン大好きと、練習大好きはまた別のお話。 練習で弾けないと辛いし、練習したくないな…と思う日もあるはず。 講師の仕事は「バイオリンが好き」という気持ちと「練習楽しい」という気持ちを繋げることです。 レッスンでは練習が少しでも楽しく、上達を実感できるように関わらせていただいています。 ①現状をフィードバック 現状をお伝えしているだけなので「そうなんや~」とフラットな気持ちで聞いてくださればOKです! ②上手くできない原因を考える できないには必ず理由があります。 ボーイング?左手のシフト?弓の配分?姿勢? etc. 理由が分かったら一歩前進です! ③練習方法をお伝えする できない原因をもとに、あの手この手で生徒さんの癖や苦手に合わせた練習方法をお伝えします。 レッスンでは客観的な事実を把握して、それをもとに練習方法を学びます。 正しい練習を続けているとジワジワと上達を実感できて「弾くのが楽しい!」と感じられるようになります。 バイオリンが好き、と練習が楽しいを結び付けよう レッスンでは生徒さんのバイオリン好き、という気持ちと練習楽しい、を繋げていきます。 上達において大切なのは、大人も子供も「好き」という気持ちを持っていること。 バイオリンが弾けると嬉しく、自信になって、「また次の曲に向けて頑張ろう!」と前向きに練習に取り組めるようになります。 バイオリンが好きな皆さんの気持ちに応えられるように、私も頑張ります(^^)/ バイオリン練習に関するブログ 保護者様向け練習ブログ お家での練習では親子喧嘩やイライラは誰もが経験すること。(そういうのがない方もいますがレアケースではないでしょうか) 「好きで始めたバイオリン、喧嘩してまでバイオリンを続けるのはどうなの?」と思われる保護者様におすすめの記事。 保護者の皆様、私が見習わないといけないほど(!)お子さんと上手に関わってくださっています。 いつもありがとうございます。 大人の方向けの練習ブログ 大人の方は練習したくてもできない、という方が多いのではないでしょうか? お仕事や家のこと、家族のお世話など自分のことは後回しになりますよね。 罪悪感を持たない、できる時に頑張るのが大人のバイオリンのコツ。 肩の力を抜いて、でもしっかり上達できるように一つ一つ丁寧に見ていきましょう。 滋賀県甲賀市の音楽教室、やすいバイオリン教室でした。

2023年発表会「達成感が凄く感じられて嬉しかったです」

こんにちは、滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室です! 7月23日、第6回発表会を開催しました。 生徒さんから嬉しいご感想をいただきました。 「達成感を感じられました」 「バイオリンって素敵だなと改めて思いました」 「もっともっと上手になりたいと思いました」 たくさんの前向きなご感想をいただき、開催して良かったなと改めて感じています。 発表会が始める前は緊張の面持ちでしたが、終演後はたくさんの笑顔を見られました! 今年はソロの演奏だけでなく、アンサンブルも充実した発表会となりました。 会場について 今年は初めて大きな会場で行いました。 音響のよい、広々とした会場です。 お席をたくさん用意でき、ゆったりとご覧いただくことができました。 ビタミンカラーが可愛いピアノを使用しました。 手書きでペイントされた世界で一台しかないオリジナルの素敵なピアノです。 1部は子供の部、2部は大人の部と2部制に分けての開催としました。 バイオリン発表会・子供の部 子供の部は7人出演予定でしたが、お一人が熱でお休みされ6人での開催となりました。 皆さん、これから始める発表会に緊張しつつも元気いっぱい笑顔です! ソロの演奏「バイオリンを演奏するって素敵だなぁと改めて思いました」 ソロの曲では弾きたい曲を自分で選んだり、「発表会のためだったら頑張ってみたい!」とチャレンジされたお子さんもいました。 また今までは「発表会出たくない」と仰ってたお子さんが、自分から「発表会頑張ってみる!!」と意欲を見せてくれたりと嬉しい出来事がたくさんありました。 小学生の生徒さん こちらは小学生の生徒さん。 お辞儀などのステージマナーもレッスンで頑張りましたね。 お友達の演奏も真剣に聞くことができました。 レッスンでは楽しいばかりではなくて、できなくて悔しい時もあったと思いますが粘り強く頑張ってくれました。 「いい音鳴ってるよ!」と私が言うと、嬉しそうな表情を見せてくれました。 キラキラとした音がどんどん増えていって毎週の変化が嬉しかったです。 中高生も頑張っています こちらは中学生、高校生の生徒さん 部活や勉強など常に忙しいにも関わらず、上手にバランスを取りながらバイオリンを頑張ってくれています。 小学生の時からの長いお付き合いなので日々の成長や、礼儀正しさや言葉遣いに感心する場面がたくさんあります。 もちろんバイオリンの音色もどんどん表現豊かになって、細かなニュアンスを出せるようになりました。 今回の発表会でもたくさんの方に演奏を喜んでもらいましたね! 次はどんな演奏を聴かせてくれるか、とても楽しみです! (きっと保護者様も同じ気持ちだと思います(^^)/) アンサンブルの演奏「色々な曲を楽しめました」 親子、姉妹、講師と一緒にそれぞれペアを組んでアンサンブルも経験してもらいました。 ソロの時とは違って表情が柔らかくなり、リラックスして弾けました。 誰かと一緒に演奏する、息を合わせて音色を作るって楽しいですね。 発表会の最後には全員でミッキーマウスマーチを演奏しました。 大きい生徒さんが、小さい生徒さんに分かるように合図をたくさん出してくれました。 みんなで息を合わせて弾けましたね! 子供の部のご感想 発表会に参加して良かったことは? 発表会のご感想 バイオリン発表会・大人の部 今年は12人の大人の生徒さんが出演されました! バイオリンの上達は「じっくりコツコツ」ももちろん大切ですが、時間のない大人の生徒さんはいかに効率よく目指す音に近づけるかが重要だと思います。 発表会という限られた期間の中だったからこそ、それぞれの課題に集中して向き合えたのではないでしょうか? ソロの部「もっともっと上手くなりたいと思いました!」 大人はどの生徒さんも(もちろん私もです!)緊張との闘いだと思いますが、皆さんソロの演奏を頑張ってくださいました。 皆が注目する人前で、演奏したこと自体が素晴らしいことです! 成功だけでなく失敗もチャレンジした人しか味わえないことで、全てが次のステップに繋がっていくと思います。 […]

子供用の中古バイオリン、選び方のポイント

こんにちは、やすいバイオリン教室です。 分数バイオリンから大人用(フルサイズ)の楽器になった小学生の生徒さん。 使い終わった子供用のバイオリンは別の生徒さんに引き継がれました! よく響く楽器なので、弾くのがますます楽しくなると思います。 どちらの生徒さんも良いタイミングで楽器の譲り受けができ、喜んでいらっしゃいました。 お子さんの成長に合わせて買い替えが必要な分数バイオリンは中古がおすすめです! 今回は中古の分数バイオリンについて解説していきます。 分数バイオリンの買い替えは中古という選択肢も! お子さんの成長に合わせて買い替えの必要なバイオリン。 4~5歳からバイオリンを始めたとして、フルサイズになるまで5回の買い替えが必要になります。 このような方は中古がおすすめです。 成長に合わせて買い換えの必要な分数バイオリンも、中古なら価格を抑えられて安心です。 ちなみに新品の分数バイオリンは2万円台から購入できます。 中古か新品、どちらが希望に合うか検討してみてくださいね。 子供のバイオリン選びのポイントは? バイオリンは4~5歳から始めた場合、1/8サイズぐらいでスタートして成長に合わせて買い替えていきます。 サイズ選びのポイントは腕の長さに合わせること。 実際に楽器を持ってみて手が届くか、無理はないかチェックします。 大き目の楽器を選びたくなるけれど・・・ 今後の買い替えのことも考えると大き目の楽器を選びたくなりますが、大きすぎると弾きづらく練習を嫌がったりやる気の低下に繋がります。 お子さんの意欲のために体格に合った弾きやすい楽器を選ばれることをお勧めします。 中古の分数バイオリンのメリットは? 安く購入できる 中古のバイオリンは新品のものより価格が安くなります。 価格を抑えたい方は中古がおすすめです。 状態の良いものが手に入る 中古であっても、状態の良い楽器が多く存在します。 基本的にバイオリンは古くなっても楽器自体の価値が下がりにくく、メンテナンスをすれば長く使うことができます。 中古のバイオリンのデメリットは? 取り扱いがない場合がある 新品のバイオリンはいつでも手に入りますが、中古は誰かが売らない限り市場に出回りません。 ほしいタイミングで、予算内でお子さんのサイズに合うバイオリンがあればラッキーです。 品質が悪い場合がある 保管環境、前の所有者の扱いが良くなかった場合、楽器自体にダメージがある可能性があります。 目に見える表面の傷なら良いのですが、内部のヒビや変形があると修理の必要性や最悪の場合、修理すらできないこともあります。 楽器にダメージがないかチェックをしてから購入しましょう。 弦、弓の毛の交換の費用がかかる場合がある 中古の場合、消耗品の弦や弓の毛が古い可能性があり交換が必要なことがあります。(交換されている場合は不要です。) メンテナンス費用は、 ぐらいです。 費用は掛かりますが、メンテナンスをすると新品と変わらない状態になり音も良くなります。 弦はこちらのナイロン弦がおすすめ。 こちらは安価なスチール弦。値段がお手頃で人気です。 中古の分数バイオリンの購入前にチェックしておきたいこと 中古の分数バイオリンを購入する場合、次のことを確認しておくと失敗を避けられるでしょう。 音の鳴り具合 実際に楽器を鳴らしてみましょう。 好みの音であるか、雑音が鳴るなど不具合がないかチェックしてみましょう。 楽器やケースの汚れや傷 お子さんが使った楽器だと汚れや傷があるかもしれません。 演奏に問題ないか、許容できる程度のものか確認しましょう。 どこで中古の分数バイオリンを手に入れるか? 中古の分数バイオリンは信頼できる楽器店、人、出品者から購入することが大切です。 楽器店で購入 楽器店で販売されている中古楽器は不具合がないかチェックされているため品質において安心感があります。 […]

先生に言われたことを忘れないように、と仰る大人の生徒さん

こんにちは、やすいバイオリン教室です。 レッスンをスタートして半年ちょっとの大人の生徒さん。 お仕事が忙しく練習時間に制約がある中でもメキメキと上達されています。 今週は一段と上達を感じられ、思わずどうやって練習されたか尋ねてみました。 すると「注意されたことを楽譜にメモして、さらに色分けしてみました」とのこと。 楽譜を拝見するとレッスンでお伝えしたことが綺麗に整理されていました! 楽譜に書き込む時のポイント 注意点+テーマごとに色分けしておくと楽譜をパッと見た時に分かりやすくて練習がやりやすくなったそうです。 例えば、 こんな風に注意点をポイントごとに色分けされていました。 これだったら一回一回文字を読まなくても、色を見たら何に気を付けるかパッと分かりますね! 「先生に言われたことを忘れないように…」と仰っていただき身の引き締まる思いです。 周りに分かるほど上達されている生徒さん 以前、こんなことを教えてくださったこちらの生徒さん。 一緒にセッションをしているピアノの先生から「バイオリンの音が綺麗になりましたね!」と言ってもらったんです。 周りの方も分かるような上達ぶりで、ご本人も嬉しかったと思いますが私も本当に嬉しかったです! 毎回のレッスンでは工夫されていることが手に取るように分かり、着実に前に進まれています。 次は鈴木のバイオリン教本の2巻です。 これからどのようにバイオリンを演奏されるかとても楽しみです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

アンサンブルの会【みんなで弾くことを楽しもう!】

こんにちは、やすいバイオリン教室です。 先日、アンサンブルの会を開催しました。 今回の目標は「失敗しても大丈夫!みんなで弾くことを楽しもう!」です。 せっかく仲間と集うので、一緒に弾く時間を楽しんでいただきたいなと思いました。 大人の方、お子さん、たくさん参加してくださり賑やかな会となりました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。 子供のアンサンブル 子供の部ではミッキーマウスマーチを演奏しました。 先輩生徒さんたちが上手にリードしてくれたので、初参加のお子さんもリズムを感じながら参加してくれました。 「楽しかった!」というお声も聞くことができました。 みんなでアンサンブルができるのはバイオリンならではの楽しみですね。 楽しい気持ちをモチベーションに、引き続き日頃の練習を頑張っていきましょう♪ 見学にお越しいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。 大人の部アンサンブル みんなで合わせて楽しむということを目標とした大人の会。 少し緊張されていた様子でしたが、充実した時間となりました。 日頃はマンツーマンレッスンなので仲間と集ってバイオリンを弾くことが刺激になったのではないかなと思います。 周りの音を聞きながら息をそろえて演奏ができると良いなと思います♪ 各自、日頃の練習を楽しく積み重ねていきましょう。 お忙しい中、ご参加くださりありがとうございました。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

2022年、ありがとうございました。

今年も1年レッスンをさせていただきありがとうございました。 新しい曲との出会いや、それぞれの課題や目標が見つかったり充実した一年だったと思います。 生徒さんの目標が、私の励みにもなりました。 皆さんにとってバイオリンが大切なものになるように、生徒さん保護者様の声を聞きながら楽しく、時に厳しく(!)関わらせていただきたいです。 一年の振り返りとして2022年を簡単に振り返りたいと思います。 1月【曲決め】 4月の発表会に向けて曲を決め、練習を始めました。 →【バイオリン発表会】余裕のある練習計画 選曲~本番まで 習い始めの生徒さんも発表会に向けて練習を頑張りましたね。 →習い始めて2カ月の小学生の生徒さん コロナが増え始めた時期でオンラインレッスンを希望する生徒さんが増えました。 →換気をしています、暖かくしてお越しください 3月【発表会前の仕上げレッスン】 発表会さながらにピアノ合わせ、最後の仕上げをしました。 演奏だけでなく、お辞儀などのマナーも学びました。 【発表会前のブログはこちら】 →ピアノニストをお招きして合わせをしました →バイオリン発表会、小さな会だからできることを。 →発表会前のレッスン日記【仕上げにむけて】 4月【発表会】 バイオリン発表会を行いました。 コロナが流行り始めた時期だったので4部に分けて行いました。 それぞれ練習の成果を存分に発揮でき、思い出に残る1日になったのではないでしょうか? 発表会デビューされた生徒さんもいらっしゃいました! 【発表会のブログはこちら】 →2022年春の発表会 7月〜11月【お休みをいただきました】 出産のためにお休みをさせていただきました。 お陰様で出産も無事に終わり、ゆっくり過ごすことができました。 12月【レッスン再開】 久々に生徒の皆さんとお会いできて嬉しい12月でした。 レッスンをお休みして、改めて生徒さんにパワーをいただいていることを感じました。 来年の2月にアンサンブルセミナーを開催するので、レッスンをしています! →アンサンブルの課題曲 →「一緒に弾くのが楽しいです!」知ってほしいアンサンブルの魅力 →【小学生】レッスン1年目!アンサンブルを楽しもう YOUTUBEも少しアップしています 講師の演奏動画を少しずつ投稿しています。 ご興味ありましたらご覧いただけると幸いです。 →YOUTUBE 2023年もよろしくお願いいたします 生徒さん、保護者の皆様。 今年も一年レッスンへのご理解、ご協力いただき誠にありがとうございました。 皆様には感謝の気持ちでいっぱいてす。 バイオリンで皆さんの日々をより明るくできればと思います。 嬉しかったこと、お困りごとも気軽にお話いただけると嬉しいです! 【子供のバイオリンでよくあるお困りごと】 →バイオリンは好き!でも練習嫌い?【子供が考えていること】 →【保護者の役割は?】家でバイオリンを教えないとダメ? →【子供のバイオリン練習】習慣化のコツ 5選 →練習中、すぐに拗ねてしまいます。 2023年もやすいバイオリン教室をよろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。