楽器の選び方

【子供のバイオリン】ヤマハのレンタルがおすすめ

ヤマハで子供用バイオリンのお得なレンタルプランが始まりました。 バイオリンレンタルはこのような方にお勧めです。 今回は月々1800円で気軽に利用できるヤマハの分数バイオリンレンタルをご紹介します。 分数バイオリンレンタル比較表 現在のバイオリンレンタルではヤマハが最安値です。 ヤマハ音レント 1800円 A社 2800円 B社 3500円 C社 3800円 D社 6000円 ヤマハのバイオリンレンタル「音レント」 ヤマハのバイオリンレンタルサービス「音レント」で分数バイオリン定額プランについて。 レンタル期間 3か月~ 利用料金 月々1800円(税抜き) 初回登録料 2000円(税抜き) サイズ交換 子供用~大人バイオリンまでサイズ交換OK! 配送 自宅配送。お届け時はヤマハ負担、返却送料は利用者負担。 取り扱い楽器 バイオリンの品番、新品、中古の指定はできない。サイズ指定のみ可能。 申し込み方法 WEB限定申し込み ヤマハの音レント「分数バイオリンプラン」 最大の特徴は、プランの利用中に分数サイズからフルサイズまでのサイズ交換が可能なところ。 途中で体が大きくなってサイズが合わなくなってしまった時も、サイズ交換ができるので安心です。 WEB限定の特別プランです! ↓詳細は下記ボタンをクリックしてください↓ 音レントはヤマハの高品質のバイオリンを低価格でレンタルできることがポイントです。 バイオリンレンタル費用を計算 ヤマハの分数バイオリンレンタル(月々1800円)でかかる費用を計算してみます。 使用期間 値段 3か月 5400円 6か月 10800円 12か月 21600円 18か月 32400円 24か月 43200円 楽器を購入した場合、購入価格はこのようになります。 カルロジョルダーノ→ 25000円 ニコロサンティ→ 39800円 ヤマハのV5SC→ 57000円 […]

【大人初心者】バイオリンの値段、選び方

今回は上記の疑問にお答えします。 バイオリンを用意しましょう【購入?中古?レンタル】 バイオリンを始めるにあたって自分の楽器を用意しなくてはなりません。 購入する(新品or中古) 購入せずにレンタルする この二つの方法が考えられます。 (1)バイオリンの値段を決める 初めに予算を決めましょう。 新品の場合、楽器・弓・ケース込みで 2万円台からあります。 楽器、弓、ケースがセットで 3万 ~ の楽器は弓の毛替え、弦の張替えを行えばずっと使えるのでお勧めです。 「続くかどうか不安」という方は最初にお手頃な楽器を購入して、上達してから買い替えるのも一つの方法です。 予算が決まったら、次にどこで買うか決めます。 子供のバイオリンについてはこちらの記事をお読みください。 (2)購入場所(楽器店・ネットショップ・メルカリ等)を決める (1)楽器店 お好きな楽器店で購入する、または習っている先生に信頼できる楽器店を紹介してもらえると安心です。 先生のお付き合いのある楽器店だと割引をしてもらえる場合もあります。 楽器店で購入するメリットは次の通りです。 (2)インターネットサイト インターネットサイトの場合、実店舗があり楽器販売の実績があるお店が良いでしょう。 YAHAMA、恵那楽器、SUZUKIなどの日本製のメーカー品は初期不良が極めて低いので安心です。 上記の日本のメーカー以外のバイオリンを買う場合、価格はグッと下がります。 ただし中には粗悪品もあるので注意が必要です。 調整・検品・保証があるものだと安心です。 ネットショップで購入するメリットは次の通りです。 (3)ヤフーオークション、フリマアプリ(メルカリ等) 中古を買う場合ヤフーオークション、メルカリ等のフリマアプリで購入する方法があります。 購入価格を抑えられることがメリットですが、販売者に知識がない場合があるので状態の悪いものも販売されています。 良くないものを購入してしまった場合、修理代がかかり却って高くついてしまう場合もありますのでご注意ください。 選ぶ際のポイントは次の通りです。 1.新しいもの 古いものは保存状態が悪い場合があるためお勧めしていません。 2.メーカー品であること メーカー品(YAMAHA、恵那楽器、SUZUKIなど)は丈夫で丁寧な作りであるため初期不良が少ないです。 またきちんと梱包されている場合、配送時の振動で壊れることも少ないです。 3.メンテナンスがされていると安心 必須ではありませんが、毛替え等のメンテナンスをされていると安心です。 4.出品主が楽器店だと安心 最近は楽器店がヤフーオークションやフリマアプリで出店しているケースがあります。 知識もありメンテナンスもされている場合が多いので購入トラブルは少ないようです。 実店舗のある楽器店を経営されていると安心です。 (3)初心者に扱いやすいオプションがあるか(アジャスターの有無) 初心者の方は全ての弦にアジャスターが付いている楽器が良いでしょう。 アジャスターがあるとチューニングを楽に行えて初心者の方にも安心です。 (4)その他  楽器の音色、弓の操作性(試奏できる場合) 初心者はしっかりと音を鳴らせないため、先生に同伴してもらい音色を聞かせてもらうと良いでしょう。 バイオリンは一つ一つ音色や響きが異なります。じっくり弾いて好みの楽器を選びます。 最初は好みの音色のイメージが湧かなくても、何艇かの楽器の音を聞くうちにご自身の好みが分かってきます。 「この音色が好き!」と思える楽器がおすすめです。 弓はしなやかで、扱いやすいものが良いです。右手の技(スタッカート、スピッカート等)が出てきた時に助けになります。 こちらも初心者の方が判断することは難しいので先生に選んでもらいましょう。 […]