子供のレッスン

【保護者の役割は?】お子さんの良き理解、音楽仲間でいること

保護者の方にお願いしていること。 それはお子さんの良いところを見つけて、いっぱい伝えてほしいということ。 出来ていないことに目が向くと思いますがそこは指導者に任せていただき、保護者の方は目一杯褒めて、励まして、応援してあげてくださいm(__)m 先生からの指摘は素直に聞けるけど、親から言われると反発してしまうお子さんは多いです。 (私自身、心当たりあります・・・。) 頑張ろうとしている様子。ほんの少しの変化。 出来るまでの過程も含めて、 頑張ってるね! 前より良くなってる! 〜のバイオリンを好きだから聴かせて! など前向きになる言葉をかけてくださると嬉しいです。 お子さんに関心を持って接してくださることで、お子さんの様子も本当に良い方向に変化します。 ある生徒さんのお話 ある小学生の生徒さんは、 「お母さんが良くなったって褒めてくれて、お父さんはバイオリンを聴いてくれた」 とニコニコしながら報告してくれました。 やはり保護者の方が関心を持って、褒めることがやる気に繋がるようです。 この日のレッスンも、とても前向きに指摘を受け入れて生き生きと頑張ってくださいました。 保護者、指導者それぞれの役割 私は保護者が先生役になってお家で指導する必要はないと考えています。 一番身近な存在だからこそ良き理解者、音楽仲間であってほしいです。 保護者の役割。 指導者の役割。 それぞれ分担してお子さんにとって一番良い方法を見極めて見守っていきたいですね。 お家での様子もぜひ教えてくださいね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

バイオリンを辞めること、続けること

「楽しく」バイオリンを弾けるようになるには時間がかかる バイオリンやピアノなどの音楽の習い事は花開くまで時間がかかります。 特に子供は練習も含めて「楽しくなる」まで紆余曲折があります。 気分のムラもあるだろうし、楽しい時期、弾きたくない時期もやってくるでしょう。 褒められて素直に嬉しかったり、 「分かってるから言わないで!」と助言を疎ましく感じる時期もくるでしょう。 親子間で練習を巡るバトルも起きるかもしれません。 花開くまで時間がかかる習い事だからこそ長く続けられるように、 お子さんの生活 お家での生活など ⁡成長に合わせた関わりが必要だと思っています。 お子さんの成長・生活の変化に合わせたレッスン 例えばバイオリンが嫌になってきたら。 お家での練習が嫌か、バイオリンや講師が嫌か見極める。 お家での練習や、練習に関して親子関係で息苦しさを感じるなら解消できるやり方を考える。 曲のジャンルを変えたり、二重奏、ソルフェージュの割合を増やして音楽への見方を変えてみる。など。 中学生になり部活や日々の生活で練習時間の確保が難しくなってしまったら。 短時間で効率良く練習できるようにやり方・教本を変える。 お家で弾けなくても、レッスンの中で一緒に譜読みをする。 短い曲をたくさん弾いて初見力を高める。など。 上記はほんの一例ですが、日々変わっていくお子さんに合わせてレッスンを変えていく必要があると思っています。 もちろん子供だけでなく大人も人生を通して音楽への関わり方は変わっていきます。 どの生徒さんも「今」だけでなく3年、4年…とちょっと先の未来に目を向けたいですね。 バイオリンから離れるタイミングがあったっていい 先日、中学生のお子さんがバイオリンレッスンを卒業されました。 基礎はできているから、いつでも弾けると思います。 レッスンを辞めたらバイオリンはお終い、ではありません。 バイオリンが弾けることは誰にも邪魔されない「一生の財産」です。 ⁡一旦、バイオリンから離れても「もう一度弾いてみようかな。」と思い出してもらえたら私としてはとても嬉しいです。 最後にお母様とお話できて良かったです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

習い始めて2カ月の小学生の生徒さん

習い始めて2ヶ月生徒さん 先日からお母様の付き添い無しで来てくださるようになり、お喋りも少しずつ増えてきました。 レッスンにお喋りなんて必要ないでしょう?って思われがちですが意外と大切です。 些細な学校の話。 友達とのこと。 お家での困ったこと。 どんなことでも話しても大丈夫なんだ、聞いてもらえる、という安心感や関係性がより良いレッスンに繋がります。 (話過ぎてしまう時は、切り替えてレッスン頑張ろうか!と促す時もありますが 私も自分の考えや、思っていることを話したくなるような先生でありたいと思います! ご質問など遠慮なくしてくださいね バイオリンレッスンの様子 📷写真は顎だけでバイオリンを挟んでいる様子。 首は傾いていないし、お顔も正面を向いていてgoodです☺️ 今は弓の使い方の特訓中です!✽ お家では「バイオリンレッスンを楽しみにしていて、次いつレッスン?」と聞いてくださっているようです。 ワクワクした気持ちで通ってくださっていること、嬉しいです♪ 一つ一つできること、増やしていきましょう! 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

3歳4歳のバイオリンレッスン【音楽を通して成長を実感できます】

子供のレッスン【バイオリンを楽しみ、ぐんぐん成長!】 当教室は3・4歳頃からレッスンをしております。 楽器経験ゼロでも、バイオリンが弾けるようになります。 3・4歳になると体力・集中力がグンとついてきてバイオリンと楽しく向き合えるようになります。 今回は小さいお子さんのバイオリンレッスンの内容についてご紹介します 音楽を楽しむ「土台」を育む 小さいお子さんのレッスンは、 リズム遊び ドレミカード お歌 など音楽を身体に染み込ませて、音楽が好きになるようにレッスンをしていきます 習い始めて数か月で、リズムが表現できて、ドレミが読めるようになります! 自分で表現することが嬉しかったり、初めて見る楽譜に興味深々です。 新しいことをグングン吸収して、毎週の変化に驚きます。 お子さんの好きなこと、得意なこと、自信になることをバイオリンを通して育てていきます。 少しずつバイオリンのレッスンをスタートします レッスンに慣れてきたら徐々に、 弓の持ち方 楽器の構え方 足の開き方 などバイオリンのレッスンをスタートしていきます。 バイオリンは自分で音を作る楽器なので、聞く力、感性がしっかり育っていきます。 数か月で「ちょうちょう」や「かっこう」が弾けるようになります。 何か一曲でも弾けたとき、お子さんも保護者もとても喜ばれます😊 困難を乗り越える「心」を育てる 時折、お子さんができないことや難しく感じることもあると思います。 しかし失敗を受け入れ、そこから答えを模索していく経験はどんな困難にも柔軟に対応する本物の力になります。 成功だけでなく、失敗も成長の糧にできるよう関わらせていただいています。 社会性を身に着ける お子さんにとってレッスンは ご家族、幼稚園以外に外の世界を広げるチャンスでもあります! ご挨拶やお返事 お話を聞く など人と関わる上で基本になることもレッスンを通して学んでいきます 最初は恥ずかしそうにしていたお子さんもレッスンが楽しくなるにつれて 大きな声でお返事できるようになったり、 自分からご挨拶できるようになっていきます。 中には照れ屋なお子さんもいらっしゃいますが、そういう子はお話をしっかり聴けたり内面の成長が早い印象を受けます。 挨拶が苦手な場合は焦る必要はありません。 「教室についたらママと一緒にこんにちは!って言おうね。」と心の準備を促す。 小さな声でも挨拶ができたらその場で一緒に喜んであげる などお子さんのペースに合わせていきましょう! お子さんの良いところに目を向け、サポートしていけたらと思います。 まとめ【音楽を通してお子さんの成長を喜べる時間】 小さなお子さんのレッスン、イメージを持っていただけたでしょうか? 最初は音楽が大好きになる土台を作る「種まき期間」です。 教室に通うことをワクワクした時間にしていきます。 また音楽で日々の生活がより良くなることを目指しています ご家庭の中に自然に音楽が染み込み、 音楽を通してご家族でお子さんの成長を喜べる。 音楽を通して日々が明るくなります。 人生100年の時代、お子さんが手に取ったバイオリンが長い人生を豊かにする生涯の趣味になるかもしれません。 ご興味のある方、迷われている方は是非ご相談ください。 新学期が始まる前の今の時期、落ち着いてじっくり取り組めるのでおすすめです。 滋賀県甲賀市の音楽教室 […]

【お家練習】習慣化のためにできること。

バイオリンのように指先の細かい筋肉の動きが必要な楽器は毎日と積み重ねがとても大切です。 毎日少しでもバイオリンに触れると「できた!」が定着して、色々な曲を弾けるようになり世界が広がっていきます。 弾けると自信になりますし、さらにバイオリンが好きになります。 バイオリンを楽しく習う上で身に付けたい練習習慣。 どのようにお子さんをサポートすれば良いでしょうか? 自分から弾きたくなる課題を与えること 講師として気を付けていること。 それはお家で練習できるようにレッスンの環境作り、教え方の工夫をすること。 興味の持てないことを「練習してきてね」とお子さんと約束してもモチベーションは上がりません。 お家での練習をしてもらうためには、 レッスン自体が楽しめる、興味を持てる内容であること お子さんでも分かりやすく具体的な宿題を出すこと 易しすぎず、難しすぎない、「ちょっと頑張ったらできる!」と達成感を感じられる宿題であること がとても大切と考えています。 「バイオリンが好き。」「練習したら上手になってますます好きになった!」 そんな風にお子さん自身が思えるようにお家での練習風景も想像しながら宿題を出しています。 お家練習、習慣化のために必要なこと ご自宅では保護者の「声がけ」がお子さんの力になります。 5分でも良いのでバイオリンと向き合う時間を生活の中に組み入れてあげてください😊 練習できたら「今日の練習頑張ったね。」と行動を認めてあげることで「練習って良いことなんだ!」と理解できるようになります。 歯磨きや帰宅後の手洗い、お風呂などの基本的な生活習慣を習得させる際もできるまで何度も声がけしますよね バイオリンの練習も学習習慣もどのようなことでも、できるようになるまでは大人の声がけが大切です。 小さいうちから「毎日続けることの大切さ」を身をもって体験しておくと、どのようなことでもコツコツ頑張れるようになります。 習慣化は大変だけど、徐々にできるようになります バイオリンの練習は歯磨きや手洗いの習慣化と比べてずーっと大変だと思います。 時間もかかるし、大人の忍耐力が試されます。 しかし忍耐強く声がけを続けて積み重ねていくと、お子さん自身が習慣化の大切さを理解し出来るようになります。 お子さんの意識が変わると、保護者の方の負担もグンと少なくなります。 レッスンでは「弾けたこと」だけを褒めるのではなく、お家で練習に取り組めたことを褒めて認めるようにしています。 ご自宅と教室との連携でお子さんの習慣化を育てていきましょう!   練習したら上達してどんどん楽しくなり、バイオリンを弾けることが自信になっていきます♪ 小さいお子さんと向き合うのは大人も忍耐が必要ですが、ご家庭と教室の二人三脚でお子さんの芽を育てていきたいですね😊 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【年長さん】練習後の小さな楽しみ

練習をしたらどうなるかがピンとこない幼いお子さんには、練習後のちょっとした楽しみがモチベーションになります。 楽しみながら練習習慣を身に着ける お家で練習したら色を塗ってきてね、と楽譜にイラストを描いています。 一週間後、色とりどりのアイスクリームが完成しました! お家で楽しみながら、頑張って練習された様子が目に浮かびます。 どんな色を塗ろうかな。 イチゴのアイス好きだからピンクかな。 明日は青色のアイスクリームにしたいな。 このように楽しみを通して、練習習慣を身に着けていきます。 練習すると「上達する→楽しくなる」という良い循環が生まれます。 バイオリンが上達すると楽しい 「練習したら上達する。」 「上達したら楽しい!」 このようなことはバイオリンだけでなくスポーツや勉強などどのような場面でも当てはまりそうなことです。 世の中色々な「楽しい」がありますが、バイオリンは「ちょっと大変な時もあるけど、できたら楽しい!」と頑張る楽しさを感じられるお稽古だと思います。 どの生徒さんも弾けた時はとても嬉しそうです。 できた瞬間は嬉しいし、もっと頑張りたい!とみなさんやる気を出してくれます。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

失敗は怖くない!挑戦する心を育てる【コーチングを活かした声がけ】

このようにお子さんがチャレンジを嫌がることはありませんか? 今回はチャレンジする心を育てる方法について詳しく説明していきます。 失敗を恐れない、チャレンジする心を育てるには? バイオリンのレッスンではチャレンジする心を育てるために次の3つのことを心がけて声がけをしています。 お子さんのありのままの感情を受け入れる 失敗に対して否定的な言葉を使わない 上手にできた時、頑張った過程を褒める 以上を詳しく解説していきます。 ①お子さんのありのままの感情を受け入れる 小さいお子さんは失敗した時、イライラして癇癪を起したり、泣くことがあります。 そんな時お子さんを叱ったり否定するのではなく、ありのままの感情を受け止めるようにしています。 まずはお子さんの気持ちを聞いて、どんな気持ちになったか本人に気付かせます。 お子さん自身が「こんな気持ちになった。」と自分を客観視できるようになると、徐々に感情をコントロールして課題に向き合えるようになります。 失敗しても、自分を否定せずに向き合える心を育てたいですね。 ②失敗に対して否定的な言葉を使わない 特に気を付けたいのは、子供が失敗しても否定的な言葉で責めないこと。 責めてもできるようにはなりませんし、言われたお子さんはますます萎縮するだけです。 うまくいかなかった時は「こうやったらうまくいくよ」とやり方を説明します。 失敗の大半はやり方が分からないだけなので、順序立てて教えれば落ち着いて取り組んでくれます。 正しいやり方で練習すればできる、と理解したお子さんは失敗を嫌がらず自分で考えられるようになります。 ③上手にできた時、頑張った過程を褒める 上手く弾けた時「頑張った過程を褒める」ことを心がけています。 努力を褒められたお子さんは、難しい課題が出てきても練習を工夫しながら挑戦できるようになります。 一方で「才能があるよ!」「上手!」と能力や結果だけを褒めていると難しいことにぶつかった時、失敗することが怖くなり挑戦しようとするモチベーションを無くしてしまいます。 レッスンではこのような声がけをしています。 能力や結果を褒めるより、そこに至ったプロセスや努力を褒めた方が挑戦する気持ちややる気を引き出せます。 【まとめ】子供が挑戦できる環境を作ろう 挑戦する気持ちを育てるには、どんな時でも温かくお子さんを受け入れる環境が大切です。 お子さんのありのままの感情を受け入れる 失敗に対して否定的な言葉を使わない 上手にできた時、頑張った過程を褒める 失敗した時もお子さんを温かい言葉と態度で接すれば、のびのびと挑戦できるようになります。 失敗を糧に、逞しく成長してほしいです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。 諦めない力を含めた「非認知能力」の育て方、お子さんとのかかわり方について分かりやすく書かれた書籍です。

ソルフェージュでバイオリンが上達【歌うことの大切さ】

当教室では楽譜を読む力、すなわちソルフェージュを大切にレッスンをしています。 歌うことは本当に良いことで、耳が良くなり感覚的な理解も深まります。 初心者の生徒さんは初めての曲に出会った時、リズムやドレミで歌ってもらっています。 歌うことは全ての基本 小学生の生徒さんのレッスンをご紹介します。 この日のレッスンはたくさん歌いました。 ①まずはバイオリンの曲をリズムで歌う ②音程をつけてドレミで歌う。 ③曲を理解できたらバイオリンで弾く CDなど音源に頼らずに1から自分で楽譜を読んで弾くことができました。 メロディーとリズムを理解できるとバイオリンの演奏も格段に良くなります。 歌えれば、必ずバイオリンで弾けます。 こちらの生徒さんは進度はゆっくりですが、自分で楽譜を読み、歌う力がついてきました。 毎週コツコツとリズムの教本も頑張っておられます。 自分の力で楽譜が読めることは自信になるようです。 最近はバイオリンにも良い影響がでてきています。 YOUTUBEで音を覚えるのは良いこと? YOUTUBEは大変便利で大抵の曲を聴くことができます。 最初に曲を聴いてから弾いてみると時短になってとても楽です。 しかし初歩の段階ほど、リズムや歌など積極的に取り入れることをおすすめします。 簡単な楽譜でも自分で考えて読むことで、楽譜を読む力が付きますし、親御さんだけでなくお子さんにとっても楽です。 楽譜を読める、歌えるようになるまではある程度の時間がかかりますが、その後の進歩が大変早くなります。 楽しんで上達する 生徒さんの中には「リズムや歌が一番好き!楽しい!」と仰る方もいます。 こういう生徒さんはやがて自分で楽譜を読んで、バイオリンを自ら楽しめるようになります。 時に悩んだり、試行錯誤しながらバイオリンを弾く姿は頼もしいものです。 当教室では楽譜を読む力を養うことを大切にしています。 初歩の段階からたくさん歌って、自分で楽譜を読める自信と楽しさを感じていきましょう。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。