指導方針

【子供】レッスン時間が伸びるタイミング

レッスン時間を長くされる子供の生徒さんが増えてきました。 生徒さんご本人や親御さんから「レッスン時間を伸ばしたい」と希望される場合もありますし、私が提案することもあります。 レッスン時間を長くするタイミング ⁡こんな時にレッスン時間を伸ばします。 学ぶ意欲が伸びている。 吸収する力があるのにレッスン時間が短くて伝えきれない。等 具体的な生徒さんの例で言うとこのような感じです。 【ケース1】お家で予習してきたことを、レッスン時間に消化しきれない。 バイオリンが好きで、色々な曲を弾きたいという小学生の生徒さん。 嬉しいことに宿題を出した以上のことをお家で練習してこられます😊 お家でやってきたことを見せていただき、アドバイスをしているとあっという間に時間が過ぎて足りないことも増えてきました。 意欲があるのに時間の関係でレッスンの機会を逃すことは勿体ないことです。 このような場合にレッスン時間を伸ばすことを提案させていただきます。 【ケース2】上達してレベルが上がり、時間が足りない。 上達していくと曲の難易度が上がり、レッスンの内容が深くなっていきます。 ⁡最初はたった4小節の曲をしていた生徒さんも・・・ 3年ほど経つと演奏時間が長く、技術的にも複雑な曲を挑戦できるようになります。 また、難しい曲を楽にストレスなく弾くためには音階や練習曲など基礎を底上げする教材を追加する必要もあります。 「基礎の教材+曲」をしていると時間が足りなくなります。 内容が深くなりレッスン時間を伸ばすと、より様々な曲に触れる経験ができ、生徒さんの見る世界も広がっていきます。 レッスンの時間を充実させることで生徒さんの力をより伸ばすことができそう。 時間を伸ばすメリットが大きい。 という場合にレッスン時間を伸ばすことを提案させていただいています。 一部生徒さんで、レッスン枠など時間の都合でどうしてもレッスン時間を伸ばせない方がおられます。 申し訳ないです😞 伸びる時期を見逃さない どのお子さんにも「伸びる時期」がありますので、その瞬間を見逃さないようにしています。 学ぶ意欲が高まっている 諦めず頑張れる力がついてきた 「もっとこうしたい!」などの目標を持つようになった。 レッスンの時間が伸びると、嬉しそうな生徒さんの様子が印象的です。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【お家の練習】楽しかった!を繰り返す♪

【家での練習】宿題の出し方について お家での宿題は、 どこを どんな風に 練習したら良いかお伝えしています。 お家で何をするか分かれば練習の見通しが付いて、きちんとやってこられるお子さんが多いです! (大人の方もお家で復習しやすいような課題の出し方をしています♪) レッスンでできて嬉しかったことを、お家で繰り返します! 例えば習いたての生徒さんには、 歌ってリズムを叩いて、お風呂でも車の中でもどこでも歌えるようにしてみてね。 この部分を何回弾いてみようね。 何に気をつけようね。 という感じです。 宿題というお大袈裟に感じるかもしれませんが、 レッスンで一緒に学んで、できた事をお家でも繰り返してもらうようにしています♫ 👦🏻👧🏻「レッスンでできて嬉しかった!」 という気持ちをお家でも思い出して弾いてくださいね。 練習の過程を認めて、意欲を伸ばす 練習のポイントが分かってくると自分でどんどん先を見てこられるようになります 宿題を出していなくても「お家で弾いてみたよ!聞いて!」とニコニコ顔で報告してくれる生徒さんが多数です! どんどん先を見てくださるので、嬉しいことにレッスン時間が足りなくなることもあります。 練習の過程もしっかり見て「自分で考えて練習できたね!」と認めて意欲を伸ばしていきます 「弾けた」という結果だけでなく、どんな風にお家で頑張ってきたか変化を見逃さないようにしています。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【子供】「答えを教えない」からこそ育つ

日頃のレッスンでは答えを教えるのではなく、 「なぜだと思う?」 「じゃあここはどうしたらいいかな?」 といった問いかけを大切にしています。 問いかけが自分で考えるきっかけになり、学ぶ姿勢、考える力に繋がります! バイオリンだけでなく、全てに通ずる力ですね。 教える側も忍耐が必要ですが、お子さんの力を伸ばすために「答えを教えない」ということを大切にしています。 バイオリンレッスンではお子さんの成長を通して、嬉しくなる瞬間がたくさんあります。 ある小学生の生徒さんのレッスン 自分で考えられるようになり「習っている自覚」が芽生えてきました。 ここまでくると一気に成長のスピードがグンと上がります! (メモと付箋がいっぱい!クリアできたら付箋をはがしていきます。) ある小学生の生徒さんはこんな変化がありました。 自分から質問が出てきたり、楽譜に試行錯誤したであろう書き込みがある。 分からないところは放置しない。 レッスンではしっかり話を聴いて、お手本の演奏を観察して、メモをする。 生徒さんと対話をしているうちに学ぶことへの意識も変わってきました。 言われた以上のことを自分で気付いてできるようになってきましたね! とても嬉しい変化です。 答えを教えてもらって言われたとおりにする、ではなく自分で考えられるようになると学びが楽しくなります。 お子さんそれぞれのペースで、学びの本質を見つけていきたいですね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【保護者の役割は?】お子さんの良き理解、音楽仲間でいること

保護者の方にお願いしていること。 それはお子さんの良いところを見つけて、いっぱい伝えてほしいということ。 出来ていないことに目が向くと思いますがそこは指導者に任せていただき、保護者の方は目一杯褒めて、励まして、応援してあげてくださいm(__)m 先生からの指摘は素直に聞けるけど、親から言われると反発してしまうお子さんは多いです。 (私自身、心当たりあります・・・。) 頑張ろうとしている様子。ほんの少しの変化。 出来るまでの過程も含めて、 頑張ってるね! 前より良くなってる! 〜のバイオリンを好きだから聴かせて! など前向きになる言葉をかけてくださると嬉しいです。 お子さんに関心を持って接してくださることで、お子さんの様子も本当に良い方向に変化します。 ある生徒さんのお話 ある小学生の生徒さんは、 「お母さんが良くなったって褒めてくれて、お父さんはバイオリンを聴いてくれた」 とニコニコしながら報告してくれました。 やはり保護者の方が関心を持って、褒めることがやる気に繋がるようです。 この日のレッスンも、とても前向きに指摘を受け入れて生き生きと頑張ってくださいました。 保護者、指導者それぞれの役割 私は保護者が先生役になってお家で指導する必要はないと考えています。 一番身近な存在だからこそ良き理解者、音楽仲間であってほしいです。 保護者の役割。 指導者の役割。 それぞれ分担してお子さんにとって一番良い方法を見極めて見守っていきたいですね。 お家での様子もぜひ教えてくださいね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

バイオリン体験レッスンの意義【先生と合う?教室の選び方】

バイオリン体験レッスンを受ける意味って何? 今回は体験レッスンの意味について私なりの考えを書いてみます。 このような方はぜひお読みください。 バイオリンを習いたい方 教室を探していて、悩まれている方 バイオリン以外の楽器で体験レッスンを検討されている方 体験レッスンは何のためにある? 体験レッスンは不安を解消するため、バイオリンを弾けそうか確認するため・・・など色々あると思います。 私は体験レッスンの一番の目的は「先生・生徒両者のミスマッチを防ぐため」だと思います。 人気のお教室でも「合う・合わない」はあるでしょう。 合わない時に悩んだり他の先生を探す労力は相当ですし、個人レッスンだからこそ相性は本当に大切です。 私は一人ひとりの生徒さん、保護者の方と信頼関係を築きたいので、納得して入会していただきたいと思います。 ミスマッチを防ぐために違和感を感じたら遠慮なくお断りしていただけたら考えています。 体験レッスン前にチェックしたいこと お教室の場所、月謝等、納得された上で体験レッスン前に次のことをチェックされると良いです。 先生の考えに共感できるか(ブログやSNS等) 発信する上で生徒さんのプライバシーを守られていると感じるか メールやLINE等での対応 今どきの個人教室ではSNSを使っている先生が多いです。 先生の発信に共感できるか、合いそうな雰囲気かある程度判断ができると思います。 SNS運用でプライバシーを守られていると感じるかも判断材料になります。 「SNSにお顔を載せても良い!」という方もいますが、「嫌だな。」と感じる方もいると思います。 ご自身の基準に合う先生だと良いですね。 実際の体験レッスンで判断したいこと【4つ】 実際の体験レッスンではこのようなことをチェックされると良いと思います。 教室の雰囲気、清潔感 先生の言葉に違和感を感じないか 話しやすそう、相談しやすそうな雰囲気か レッスンの進め方、分かりやすさ 細かく書きましたが最も大切なのは「先生にまた会いたい。」と思えるかです。 先生にまた会いたい、またレッスンを受けたい、と思えるか? 「この先生に習ったら楽しいだろうな、変わるだろうな、上達するだろうな・・・。」 お子さんならレッスン後、楽しそうだったり、そんな姿をみて応援したいと感じる。 そんな風に思えたら貴方に合うお教室だと思います。 先生と生徒、両者ともに良好な関係を築くために いかがだったでしょうか? 先生側も「より良いレッスンをしたい」と思っています。 定期的にマンツーマンでお会いするからこそ良好な関係を築けるよう相性は大切です。 「なにか違うかも?」と思ったら、体験レッスンをいくつか回って比較検討するのも一つの方法だと思います。 この記事を読んでくださった貴方に素敵なお教室が見つかりますように。 →教室インスタグラム →アメブロを見る 滋賀県甲賀市の音楽教室、やすいバイオリン教室でした。

バイオリンを辞めること、続けること

「楽しく」バイオリンを弾けるようになるには時間がかかる バイオリンやピアノなどの音楽の習い事は花開くまで時間がかかります。 特に子供は練習も含めて「楽しくなる」まで紆余曲折があります。 気分のムラもあるだろうし、楽しい時期、弾きたくない時期もやってくるでしょう。 褒められて素直に嬉しかったり、 「分かってるから言わないで!」と助言を疎ましく感じる時期もくるでしょう。 親子間で練習を巡るバトルも起きるかもしれません。 花開くまで時間がかかる習い事だからこそ長く続けられるように、 お子さんの生活 お家での生活など ⁡成長に合わせた関わりが必要だと思っています。 お子さんの成長・生活の変化に合わせたレッスン 例えばバイオリンが嫌になってきたら。 お家での練習が嫌か、バイオリンや講師が嫌か見極める。 お家での練習や、練習に関して親子関係で息苦しさを感じるなら解消できるやり方を考える。 曲のジャンルを変えたり、二重奏、ソルフェージュの割合を増やして音楽への見方を変えてみる。など。 中学生になり部活や日々の生活で練習時間の確保が難しくなってしまったら。 短時間で効率良く練習できるようにやり方・教本を変える。 お家で弾けなくても、レッスンの中で一緒に譜読みをする。 短い曲をたくさん弾いて初見力を高める。など。 上記はほんの一例ですが、日々変わっていくお子さんに合わせてレッスンを変えていく必要があると思っています。 もちろん子供だけでなく大人も人生を通して音楽への関わり方は変わっていきます。 どの生徒さんも「今」だけでなく3年、4年…とちょっと先の未来に目を向けたいですね。 バイオリンから離れるタイミングがあったっていい 先日、中学生のお子さんがバイオリンレッスンを卒業されました。 基礎はできているから、いつでも弾けると思います。 レッスンを辞めたらバイオリンはお終い、ではありません。 バイオリンが弾けることは誰にも邪魔されない「一生の財産」です。 ⁡一旦、バイオリンから離れても「もう一度弾いてみようかな。」と思い出してもらえたら私としてはとても嬉しいです。 最後にお母様とお話できて良かったです。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

【大人】バイオリンが上達する、その先に何がある?

大人のレッスン、バイオリンでどんなことを学ぶ? レッスンではバイオリンの上達を大切にしつつバイオリンを弾けた先に、 どんなことを思うか 何を感じるか 生徒さんの未来を意識してレッスンしています。 ​上達の先にある「喜び」 バイオリンを始めて2ヶ月の大人の生徒さん。 教本を開いて弾き始めると… 明らかに音が美しくなっている…! 前回レッスンでやったことが全てクリアできてグーンと上達されていました。 レッスンで大切にしていることは、バイオリンを弾けたその先の「喜び」や「楽しさ」を見つけられるようにお手伝いさせていただくこと。 基礎から丁寧に、大人だからこそ上達と楽しさを実感できるレッスンを心がけています。 バイオリンを通して世界が広がる バイオリンが上達する、の先にはこんな世界も広がっています。 市民オーケストラに入団する バイオリンを頑張る仲間ができる 仲間で集まってアンサンブルができる 発表会で刺激を受ける 今まで知らなかった曲を知り、目標ができる バイオリンの技術を磨くだけではなく、生徒さんが目指す目標に向かってお手伝いできれば良いなと思います。 あなたはバイオリンのレッスンを通して何を学び、人生にどんな影響を与えたいですか? レッスンを通してあなただけの「喜び」、そしてワクワクと「胸が高鳴る瞬間」を探したいですね。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。

忙しい大人の日々の練習量について

バイオリンの練習、毎日しないとダメ? 大人の生徒さんからこのようなご質問をいただきました。 忙しい大人の生徒さんは気になることだと思います。 練習すると上達する、でも時間の確保が難しいのが現実 ご質問に対してこのようにお答えしましました。 →できるなら毎日練習をした方が良いです。 練習すればやったことを忘れないし、定着しやすく上達が早くなります。 ・・・ですが。 大人の方は自分の時間を自由に取れないのが現実だと思います。 時間がないのはもちろんのこと体力的に練習をすることが大変な日もありますよね。 (関連記事:【大人】練習できないことへの罪悪感は不要というお話) 大人のバイオリン練習のコツは練習内容をこだわること 忙しい大人の練習のコツは、練習内容をこだわること。 一定の練習時間を確保することは難しい方は、短時間で効率的に練習することを目指しましょう。 大人の強みは論理的思考があること。 がむしゃらに練習するのではなく「考えること」を練習に取り入れます。 具体的にはこのような感じです。 弾けないところを見つける 原因を考える(特に大切!) 練習方法を考える 練習方法の道筋を立てられると上達まで早いです。 バイオリンのレッスンでも「弾けない理由+改善(練習)方法」をセットでお伝えしています。 お家での練習も納得感を持って取り組んでいただければと思っています😊 時間がない時は「部分練習」が上達に効果的 時間がない場合は曲全体を通すのではなく、苦手箇所の部分練習がおすすめです。 弾ける箇所の練習は省略して、苦手な箇所に時間をかけると良いです。 一小節程の短い範囲でどうやったら弾けるのだろう?と考えながら取り組むと効果的です。 じっくり一つの箇所を練習していくと、 右手に原因があるのかな? 手の準備が遅いのかな? 左手の肘が固いのかな? など弾きにくい原因が見えてくると思います。 発見した小さな原因を一つ一つクリアしていきましょう。 確実にクリアできそうなことをスモールステップで積み重ねていくことで確実に効率的に上達できます。 忙しい大人こそ部分練習を極めたいですね。 限られた時間でバイオリンを上達させる 大人の生徒さんは「毎週のレッスンの時間を楽しみたい。」というよりも、 「綺麗な音を出したい。音楽的に奏でたい。」いう方が多い印象です。 (人それぞれ様々なレッスンの楽しみ方があって良いと思います😊) 忙しい大人の方も上手に練習に取り組めるよう、上達に必要なポイントを押さえてアドバイスをしております。 美しい音が出た瞬間は本当に嬉しいですよね。 隙間時間で上手にバイオリンと向き合っていきましょう! 滋賀県甲賀市のやすい音楽教室でした。

ソルフェージュでバイオリンが上達【歌うことの大切さ】

当教室では楽譜を読む力、すなわちソルフェージュを大切にレッスンをしています。 歌うことは本当に良いことで、耳が良くなり感覚的な理解も深まります。 初心者の生徒さんは初めての曲に出会った時、リズムやドレミで歌ってもらっています。 歌うことは全ての基本 小学生の生徒さんのレッスンをご紹介します。 この日のレッスンはたくさん歌いました。 ①まずはバイオリンの曲をリズムで歌う ②音程をつけてドレミで歌う。 ③曲を理解できたらバイオリンで弾く CDなど音源に頼らずに1から自分で楽譜を読んで弾くことができました。 メロディーとリズムを理解できるとバイオリンの演奏も格段に良くなります。 歌えれば、必ずバイオリンで弾けます。 こちらの生徒さんは進度はゆっくりですが、自分で楽譜を読み、歌う力がついてきました。 毎週コツコツとリズムの教本も頑張っておられます。 自分の力で楽譜が読めることは自信になるようです。 最近はバイオリンにも良い影響がでてきています。 YOUTUBEで音を覚えるのは良いこと? YOUTUBEは大変便利で大抵の曲を聴くことができます。 最初に曲を聴いてから弾いてみると時短になってとても楽です。 しかし初歩の段階ほど、リズムや歌など積極的に取り入れることをおすすめします。 簡単な楽譜でも自分で考えて読むことで、楽譜を読む力が付きますし、親御さんだけでなくお子さんにとっても楽です。 楽譜を読める、歌えるようになるまではある程度の時間がかかりますが、その後の進歩が大変早くなります。 楽しんで上達する 生徒さんの中には「リズムや歌が一番好き!楽しい!」と仰る方もいます。 こういう生徒さんはやがて自分で楽譜を読んで、バイオリンを自ら楽しめるようになります。 時に悩んだり、試行錯誤しながらバイオリンを弾く姿は頼もしいものです。 当教室では楽譜を読む力を養うことを大切にしています。 初歩の段階からたくさん歌って、自分で楽譜を読める自信と楽しさを感じていきましょう。 滋賀県甲賀市のやすいバイオリン教室でした。